Thrustmaster T150が届いたのだが…

ウキウキ気分がかすれてしまった私です、ども。

昨日注文したThrustmasterのT150ですが、開封してセットアップしてみると、あれ?これ駄目じゃね?との疑問が。

アマゾンで買ったわけですけど、商品説明のページには日本のコンセントでそのまま使えると書いてあります。が、まず箱には220V-240Vと書いてあり、電源プラグの形状はイギリス圏で使われるBFタイプのプラグなんです。

あれ、これ並行輸入品だ。シンガポールから来たものなのかなぁ。。。

電圧だけの問題なら、ステップアップトランスを使えば問題ないんですが、電源プラグの形状がBFタイプで日本ではほとんど見かけることはありません。

ステップアップトランスなら5,000円ちょい出せばなんとかなるんですが、ステップアップトランスのソケットからBFタイプの変換が難しい。日本じゃなかなか手に入らないっぽいのです。これは無理だね。。。

というわけで、アマゾンで返品手続きを開始しました。開封しちゃったけど、返品できるのかな?

ハンドルコントローラ選び 2016

9月がもう終わろうとしているじゃないですか、やだー私です。

このところ、積みゲーを消化することを中心に、ゲームを遊んでいるわけですが、EDF4.1とかなんやら挟まってて、なかなか積みゲーが消化出来ませんね。

で、積みゲーの中にはAmerican Truck SimulatorとEuro Truck SimulatorのDLCがあるんですが、ETSをプレイしたのは約3年前。その間、ハンドルコントローラは埃をかぶってるような状態で、部屋の片隅に鎮座していたわけなんですが、ATSをプレイしてみようかなと、ハンドルコントローラを引っ張り出してみたものの、まぁー認識しないという問題にぶち当たりまして、どうしたものかと頭を抱えてしまいます。

物理的な故障なのか、ソフトウェア的な問題なのか、はっきりとはわからないので、これは諦めて別のハンドルコントローラを探すかぁーと思い立った次第。

以前購入したLogitech(和名 Logicool) Driving Force GT(以下DFGT)なんですが、後継製品なるものが出てないようで。PS4に対応した世代の製品は、どうやらG29とハイエンド製品しかないみたいなんですね。というか、いま生産されてるLogitechのハンドルコントローラはG29だけのようで。しかもこのG29ですが、その前のフラグシップモデルであるG27と比較すると、Hパターンシフターが別売りとかなってるじゃないですか。G29+Hパターンシフター併せて5万円コースとう価格もいただけません。

ちょっと積みゲー崩すのに、5万円は無理があります。

DFGTを買いなおすというのも考えたんですが、PS4には対応しておらず、ソフトウェア的な問題を抱えているリスクも考えると、選択肢から外すべきかなと。だいたい生産中止になって、プレミア価格になってきてるというのも問題です。DFGTクラスの製品はないかなーと調べていたら、Thrustmaster T150 Force Feedbackという製品がありました。

基本的にPS4/PS3向けの製品なんですが、別途公式のソフトウェアを導入することで、PCでも利用可能になる製品だとか。

Thrustmasterというメーカーは、アメリカの会社で、ジョイスティックやゲームパッド、レーシングゲーム向けのステアリングホイールを作ってる会社で、日本の代理店はMYTになるみたいです。

Thrustmasterの製品ラインナップを見ていくと、T150はミドルレンジの製品とうことなんでしょうね。そういったレビューを見つけました。

貴重な「ミドルクラス価格帯のステアリングコントローラ」は,デキが非常によかった
Thrustmaster T150 Force Feedback
http://www.4gamer.net/games/026/G002682/20151224175/

この記事にもあるように、ミドルレンジの製品はどうも少ないみたいで、PS4にも対応してるようだし、これを選択してみようと思います。明日には届くかもしれないので、明日はそのセットアップですかね。

Dead Rising 3を再プレイしています

7月っつーことで、夏ですね。もうそろそろ、糞がき共は夏休みに入るんでしょうか、どうも私です。

向かいの家の糞ガキがうるさいのは、いやだなーと思いつつ、ここ最近はDead Rising 3(以下、DR3)をプレイしています。

1年半前ぐらいにDR3をプレイしていたようなんですが、だいぶ忘れていますね。
その1年半前のプレイでは、どうもDLCはプレイしていなかったようで、DLCを中心にプレイをしようと思ったんですが、問題が発生。

このゲーム、ゲームの進行状況とキャラクターデータは別管理で、キャラクターのデータはDLCと共通だったりするんですが、DLCのストーリーを開始したら、あら不思議、キャラクターデータが初期化されてしまいました。どういうこっちゃ。

集めたコンボ武器レシピも、育て上げてスキル全解放したキャラクターデータはどこかに逝ってしまいました。セーブデータのバージョンとかあるんだろうか。。。

とはいえ、実績の進捗情報は引き継いでいるのか、ゾンビのキル数の実績に関しては、以前の数値からカウントされているようで、ちょっとわけがわかりません。

というわけで、データが飛んでしまったので、再度プレイをしているわけなんですけど、わりと面白いゲームだと思うんですけど、世間的な評価は低いですね。なんででしょうかね。

DLC部分を中心にプレイしているんですが、わりとボリュームがあるというか、行ったり来たりをしないとなので、わりと時間がかかるんですね。クリアまでにもうしばらくかかりそうです。

Dead Islandが起動しない場合の対処方法

Dead Island(無印 – steam版)が起動しない場合、以下のことを疑う

  • Steamクライアントからゲームのプロパティを開いて、言語設定が英語になっているかを確認する
  • 言語が日本語になっていると起動しないため、英語に変更する
  • インストールされるディレクトリに特殊文字が含まれていないか確認する

いたって普通の対象方法

Just Cause 3を遊んだ

Steamのサマーセールが始まっていますね、どうも私です。

今回のセールは、日替わりセール的なのはなくて、期間内はセール価格は変わらないのかな。トップページの上の方には、今日の注目特化ってのがあるけど、値段は変わらんっぽい。

つーわけで、ちょこっとポチったゲームで、Tomb Raiderの新作とJust Cause 3のバンドル品が安くなっていのたので、購入してみたわけです。Tomb Raiderの新作と、Just Cause 3をどちらを先にプレイするか考えたんですが、Just Cause 3からプレイすることにしました。

20160624163955_1

というわけで今日はJust Cause 3のお話。スクショは全然撮っていないので、これで画像は終わりです。

続きを読む

The Crew xbox one版を遊んだ件について

Live Gold7年目の私です、ども。

Games with GoldでUBIのThe Crewが来ていたので、プレイしておりました。

ちょうど一年前にPC版をプレイしておりますが、なにやら当時と仕様が若干異なるそうで。多分一年前にPC版をプレイしたときは、拡張DLCのwild runがまだ出ていなかったんじゃないのかなと。で、wild runが出るからって事で、無印が安くなっていたのかな。

どうやら気になる仕様変更は、wild run後に行われたようで、簡単に言ってしまえば、車の高性能なパーツ集めが非常に面倒くさくなったということ。

前から面倒だったのに、さらに面倒になっているらしく、つまるところMMOの駄目な実装を地で行っている感がありますね。

無印をプレイしてるわけですけど、ゲームプレイ中に存在感を出すwild runコンテンツ。そこに触れると、wild runを買おうな、と立ち上がるストアアプリ。

wild runが安くなってればいいんですけど、4000円ぐらいする。正直その価値はないと思うんですよね…。また追加の車はまた別であって、Seasonパスが3200円ぐらいするわけで。ちょっとなー、と。

ということで、一応ストーリーをクリアして、実績は300ちょいだか稼いだところで打ち止め。

わりと楽しいんだけど、詰めが甘いUBIのレースゲームだなーと、感じたところで、今日はここまで。

Mighty No.9 がリリースされたので

Mighty No.9ではBackerな私です、ども。

20160622104234_1[10]

Mighty No.9がようやくリリースされました。Kickstarterであっちゅうまに資金集めて、開発が始まったものの、そこから3年ぐらい待たされた感がありますが、ちゃんとリリースされてよかったよかった。Kickstarterで資金集めたはいいけど、開発が頓挫したなんて話がゴロゴロしているところに、ちゃんとリリースされたわけで、これはひとまずおめでたいという話ですね。

というわけで、今日はMighty No.9のお話し。

続きを読む

むしゃくしゃしてWindows 10にアップグレードした(前向きな)話

どうも私です。

先日のE3でMSが頑張っていた印象をうけております。
Games for Windows LiveじゃないPCゲーミングにも力入れてきてるなーという感想ですね。

まぁーその恩恵に与るには、Windows 10じゃなきゃいかんよねっつー事で、Windows 10に衣替えしてみました。

速攻で後悔しましたが、ここは前向きに考えないといけません。(戒め)

何に後悔したかというと、アップグレード後いくつかのアプリケーションが動きません。まぁーそれは想定内と言えばそうなんですが、動かないアプリケーションの中に、SSDキャッシュ用RAIDドライバが含まれてしまっています。

あ、これ致命的。Steam用のディスクだったりするので、ゲームは全部そこに入っています。アップデート後、エクスプローラからディスクが見えないでやんの。

というわけで、このディスクを救済しないといけませんね、というのが今日のお話。 続きを読む