ほりえもんがテレビに出まくってる件について

ニュース系の番組は、けっこう見てるんだけど、
ほりえもんを毎日のようにテレビで見かける。

そのほとんどの番組で、ほりえもんとインタビューアがかみ合ってないと感じるのは、私だけだろうか?
その原因は、インタビューアの知識不足からくる、もんだと思うんだけど。

ほりえもんを擁護するわけではないけども、インタビューアちゃんと勉強してる?と、思われる質問をぶつけて、ほりえもん「馬鹿じゃないんだから、そんなことはしない」「そんなくだらない質問しないでくれ」と、軽く切れてる感がTVを通して伝わってくる。

もりえもんがメディアに出るのは、あくまで宣伝が念頭にあってのことだと思うんだけど、はっきり言って今回のニッポン放送の件で言えば、経営者として多くを言い過ぎている感がつよい。
通常、経済関係の人ってのは、メディアで多くを語らないのが普通。それは、発する一言が、株価に影響を及ぼす可能性があることを、認識しているからに他ならない。
ニッポン放送関連の動きが、注目を集めてるとはいえ、ほりえもんがメディアに登場して、語る頻度は異常さえ感じる。

また今回のニッポン放送関連の報道を見ていると、憶測で語られている記事、ニュースがかなり多いと感じる。その報道は、裏をとったのか?と疑問を感じることも多い。

思うのだが、ほりえもんはメディア露出を控えたほうがいいんではないかと。
ほりえもんは今回の件で、気づいているはず。メディアは正確な報道が出来ないと。
対談にしても、インタビューにしても、誘導尋問まがいのこと行い、そして揚げ足を取るかのようなことをしてくる。
ほりえもんとしても、非常にくだらない時間をすごしているように思うのだけども、どうだろうか?