昔話

先日の送別会で、なんか昔話をした記憶があります
昔話といっても、おじいさんおばあさんが出てくるわけでもなく、PCの昔話です

少しでも、そんな時代があったね~、と同意しちゃったりした人は、歳が(ry

へんな時間にエントリーしてますが、それは気にせずに

その1 昔マックのハイエンド機は250万円はした
私は国産機ユーザーだったので、マックのことは詳しくないんですが、当時(1990年頃)マックといえば、デザイナーや音楽関係の人が使う、超高級コンピュータでした。その中でも、Quadraシリーズってのがあって、それこそ車が新車で買えてしまうようなお値段でした。私が記憶している、250万円のQuadraはおそらく、Quadra 840AVじゃないかと思います(違ってたらゴメン)。日本国内では、NECのPC-98が圧倒的なシェアを持っていましたが、PC-98でのハイエンド機の価格は大体60万円ぐらいだったと思います。それと比べても、はるかに高いお買い物だったということが、わかるかと思います。

その2 コピーツールが堂々と売られていた
記憶が曖昧で申し訳ないですが、コピーツールが堂々と売られていたのは事実です。
当時のメディアといえば、フロッピーディスクが主流でした。アプリケーションやゲームもフロッピーディスクから起動して、データの保存や読み込みも、すべてフロッピーディスクでというのが、普通の時代です。1990年頃から、HDDにインストールするタイプが増えてきますが、それでも配布メディアはフロッピーディスクだったりしていました。40MBのHDDがうん万円とかした時代ですから、しかたありません。
で、コピーツールですが、通信販売で入手することが出来ました。年間契約とかしてあると、毎月コピーするためのプログラムが、フロッピーディスクで送られてくるんですね。それを使ってゲームなんかはコピー天国だった時代ですよ。当時私もお世話になりましたw

その3 PC販売店がコピーしたソフトを配っていた
これ、実体験ですw
私が始めて触ったPCってのは、PC-9801DXという98の普及期です。それを市内のラ○ックスで買ったんですが、そのとき買ってくれたら、テトリスをコピーしてあげます、という今考えればとんでもない販売トークを炸裂させてました。このテトリスはとくにコピープロテクトもされておらず、簡単にコピーできたんですね。
今そんなことしたら、会社がなくなりますねw

その4 日本語入力が大変だった
1990年当時、PC-AT期(今で言うWindows気がこの流れ)は、日本国内ではまったく普及してませんでした。持ってる人といえば、海外ゲーム好きぐらいなもんです(というのは大げさだけども)。なぜ普及していなかったかというと、日本語入力が大変だったから、というより日本語を表示することすら大変だったからなんですね。当時圧倒的なシェアを誇っていたPC-98シリーズは、日本語ROMというのを内臓していたため、PC-AT期よりは簡単に日本語を取り扱うことが出来ました。
それでも日本語入力は大変だったわけですが・・・
というのも、カナ漢字変換するプログラムと辞書がフロッピーディスクに収まっていたから。変換するたびに、フロッピーディスクにアクセスするわけです。それを見て私は、壊れるんじゃないか?と常日頃思ってましたよ。
そうそう、今でこそ言わなくなりましたが、カナ漢字変換するプログラム(例えば、IMEとかATOKとか)をFEP(フロントエンドプロセッサ)と呼んでいました。2000年頃まで、古い人はFEPという言葉を使っていましたが、今となっては絶滅したようです。

その5 僕が最初にさわったパソコンはFM-7です
orz氏の発言。メディアはカセットテープの時代です。カセットテープなんて、音楽産業からもほぼ絶滅状態なわけですが、昔は立派なメディアのひとつでした。この時代のことは、私もよくしりませんので、人から聞いた話をまとめていくと。。。
・データのコピーは、カセットデッキの録音ボタンを押す。コピーつーか、ダビング
・データのロードに30分は当たり前。ロード後のエラーは日常茶飯事。
・データのダウンロードは、アンテナを伸ばして録音ボタン。
。。。3つ目は嘘かもしれない。orz氏はそんなこと言ってなかった。でも、どっかで聞いたことがあるような気がするんだよね。

その6 640キロバイトの大容量(ry
640キロバイトはメモリのサイズです。640KBのなかでほとんどのアプリケーションが動くわけです。
ちなみにこの手の話をしだすと、年寄りが昔はXキロバイトの大容(ryとどんどんエスカレートしていき、最終的には4キロバイト程度に落ち着きます。(日本最初のコンピュータ専門誌に登場するのが、4KBの大容量(ryということから)

今日はこのあたりで終り

  • ゆ。

    オレ、今でも FEP って呼んでるけど。。。

  • rico

    年寄りめw
    近年はIM(InputMethod)と呼ぶのが正しいっぽい

  • orz

    FM-7の頃は、「パソコン」て言葉は無く「マイコン」と読んでました。
    3つ目のは聞いた事無いですね。その代わりに別のネタを。
    ・雑誌の付録ディスクはソノシートでした。