Wireless USB規格が固まったようだね

見落としていたけど、Wireless USBの規格が完成し、今後ライセンス取得→普及へと動いていくようだ。

さて、このWireless USBの規格だけど、モードは2つあるようで
・3mで480Mbps
・10mで110Mbps
となっているらしい。
この速度は現状で、申し分ないでしょう。

だいたい年内には、この規格に沿った製品が登場してくる予定だって。
現時点では、デジカメの登場が公表されてるけど、どんな製品が出てくるかちょっと予想をしてみようかな、と

ヒューマンデバイス

まずは、ヒューマンデバイスから考えてみる
ヒューマンデバイスというと、マウス、キーボードに代表されるコントローラにあたるわけだけど、これは製品が出るだろうけど、コストの関係から登場は遅れると思う。たとえ早期に出たとしても、無駄に値段が高いと思う。
そもそも、現状でマウス、キーボードなんかは赤外線通信によってWireless化出来てるわけだし、あまり有用だとは思えない。コントローラなんて、高速転送する必要ないしね。

コントローラの類で有用と思えるのが、ヘッドセットかな。
skypeに代表されるように、昔に比べてヘッドセットが一般家庭にあったりするから、これは出るんじゃないかな?
まぁーこれも、そこまで高速転送の必要性がなかったりするので、微妙ではあるんだけど、赤外線を使ったヘッドフォンって昔からあるけど、ノイズが乗っちゃって使い物にならなかったりするからなぁー。。。
最近のはノイズも少なくなったんだろうか?最近使ってないのでわかりませんw

ストレージデバイス

次にストレージデバイスについて考えてみると、現在USB2.0やIEEE1394なんかで出てるHDDユニットなんかは、Wireless化するメリットはかなりありそう。余計な線が減るからね。
ポータブルデバイスとの相性もよさげ。

ポータブルデバイス

というわけで、ポータブルデバイスについて考えてみると。
iPodなんかがそれにあたるわけだけど、電気さえ供給してやればいいわけだから、これはいいね。
Wireless USB対応iPodが出るかはわからないが、出ればより便利になって登場してくれるだろうね。

その他のデバイス

そのほかプリンターなんか、USBでつながってることが多いけど、はっきり言ってこれはWireless USBよりも、Ethernetのほうが使い勝手いいんだけどね。。。無線LAN化してもいいけど。
プリンターなんて、そうそう移動させるものでもないし、複数台のPCなんかで共用するもんだし。
これはメリットが薄そうではある。

とりあえず、こんなとこか