ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
死刑制度を題材にした、サスペンス映画。
私の評価は8点!ええよええよ

「死刑制度を題材にした」と言っても、あくまでサスペンスの要素として扱ってるだけで、死刑制度自体については強烈なメッセージを送るような感じは受けない。
まぁー私がサスペンスとして見ていたからなのかもしれないけど。

サスペンスとしてみると、この映画は一級品だと思う。
シナリオがよく練られていると思うし、最後はしっかり(いい意味で)裏切られる。

そのシナリオをさらによく見せるのが、主演のケビン・スペイシー。この人しごいわ。演技がお上手。
彼のおかげで、映画に吸い込まれるように見てしまった。
ついでに、ケイト・ウィンスレットもいいよ。うん。

ひさしぶりに面白いと思えるサスペンスに出会った気がする。
お奨めです