横浜 佐々木が引退する件について

本日、巨人戦に2回ノーアウトから登板、打席には清原。
3球続けてストレートを投げてたけど、往年の伸びのあるストレートはそこになくて、スピードも130キロ台そこそこ、コントロールもよくない。
清原は、ストレートをすべて見送り、明らかにフォークを待っていたね。

カウントは1ボール2ストライク。誰もがフォークを期待した、そして佐々木はフォークを投げた。
外角低めに落ちていくフォークは、清原のバットをかすりもせず、ミットに収まった。
決して落差のあるフォークではなかった、それでも清原を三振に仕留めた。

さて、このプレーをどう見るかだ。

佐々木の引退登板ということで、ほぼ顔見世。彼は現時点で出来る限り最高の投球をしたんだろ。それを責めることはしない。
が、清原はどうだ。彼は最高のプレーをしただろうか?

最高のプレーの定義は人によって違うとは思うけども、私の定義は「試合に勝つために出来ることを全力でプレーした結果である」と思っている。
なので、無理にショーアップされた舞台はいらない。普通に勝利を目指してプレーをしてくれればいいんだ。

見ていてプロレスのような、へんなショーアップがされていて、非常に違和感を感じてしまった。