8月15日

昨日は珍しくでもないんだけども、朝4時に起きてしまったので
何をすべきか考えたところ、天気も悪くなさそうだし、自転車でぷらぷらしようかと
朝5時から出発

とりあえずの目的地は、東京方面

第一京浜を北上して、朝9時ごろには蒲田あたりに到着するんだけど、このあたりからかなり気温が上がってきて、水分補給しまくりんぐ。

札の辻から芝公園の横を抜けて、霞ヶ関を通り、皇居周辺へ
内堀通りを時計回りに進むと、なにやら右を向いてる車たちやら、機動隊の皆様の乗るお車やら、物々しい警備ががが
そりゃそうだ、終戦記念日だから千鳥が淵あたりは警備の人イパーイ
さらに進むと、2重駐車をされてる、右向きのお車たち。
そしてえれー数の警備の人と人人人。
そう、靖国神社までたどり着いてしまった

せっかくなので、靖国神社を見ていこうかなと思い、近くに自転車を止めていざ靖国へGo!
この時、時刻にして11時頃、気温32度ぐらいか
とにかく暑い(;´Д`)

そして人が多い、なんでも参拝者は昨日だけで20万人を越えるとか…

靖国神社って、縦に長い敷地になってるんだけども、大村益次郎の銅像のそばで、なにやらイベントをやっていたのでそれを見ていたのだけども、君が代が流れているとき、事件発生。
おっちゃんの怒号が響く、集まる野次馬と警備員。
そのおっちゃんの声をよく聞いてみると、「中国に帰れ」と叫んでいる。
野次馬根性で、おっちゃんの方を見てみると、若い男の人が突き飛ばされていた。
どうやら、君が代が流れているところで、支那人がなんか言ったようだ。

ある意味、勇気のある行動だとは思うけども、8月15日に靖国で君が代を侮辱するようなことをやるとどうなるかぐらいわからんのだろうかね?
私に言わせれば、事を荒げる愚行でしかないわけだが。

突き飛ばされていた、若い男の人は警察の人に囲まれるようにして、警察の車へ

おちついたところで、あまりの暑さに耐えられず、九段坂上の交差点にあるカフェで一休み。
と、思ったら今度は救急車と消防車が登場。なんだなんだ?と思ったら、さっき突き飛ばされていた男の人が頭から血を流していて、治療を受けていた。

近くにいた私服警官の話を盗み聞くと、どうやら警察から開放された後、やられてしまったらしい。
まぁー自業自得ではある。

再度、靖国に戻ると、一見機動隊のような服装だけども、「皇軍復活」といったのぼりをもった集団とか、そーいった集団の方々がぞくぞくと本殿の方向へ進軍。
私も人波に飲まれるように、本殿の方へ進む。が、非常に人が多いため、右方向へ抜け出して奥の方に進むと、なにやら報道陣の集団がたまっていた。
よく見ると、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の人たちが現れる場所らしく、そこに張ってる報道の人たちらしい。私がそこに行ったときには、ちょうど日本武道館でイベント中だったのか、だれも来ていなかったようで、私はそそくさと退散。

参拝して行こうかともおもったけど、あまりの人の多さに耐えられなかったので、帰還することに。

九段から銀座方面に抜けて、第一京浜へ。
ちょくちょく休憩をとっていたけど、体力の消耗が激しかったので、川崎の漫画喫茶で冷房を堪能。4時頃、だいぶ日も落ちてきて、涼しくなってきたところで、自宅へ再出発。

結局家に着いたのが8時ごろ。トータル120kmほど自転車で動いたんで、めちゃくちゃ疲れた…
脚は筋肉痛だし、手のひらは痛いし…

今週はもう自転車乗らないかも