GI ジョッキー4 レビュー

さて今年も残すは、あと数時間となりました。
今年もたくさんのゲームで遊んでまいりましたが、最後はこれで〆ようかと思います。
今年最後のゲームレビューは、GIジョッキー4です(`・ω・´)

難易度は高い

この手のゲームは、一般受けを狙ったものというよりは、固定客を以下にひきつけるか!に勝負をかけてる節がありますが、GIジョッキーシリーズはその点で、うまいこと改良を重ねていってるんだと思います。
私は数年ぶりに、このシリーズをプレイしましたが、なかなかどうして、中毒性が高いじゃないですか。
ギャロップレーサーが、レースゲームだとしたら、このGIジョッキーはレース要素がふんだんなシムってところでしょうか。
客層も当然変わってきて、リアルを追求するような人たちが遊ぶためのソフトというように感じます。
その人たちは、数字にこだわったりするわけで、そういう観点からするとこのゲームの難易度はいい感じに思えます。
当然、慣れがないと難しいですし、レースに勝つこともままなりません。
でも、試行錯誤しながらうまくなっていく過程が、このゲームの一番面白いところ。
慣れてくると、追い込みがぴったりはまったときなど、うれしくなるわけです。
逆に、ある程度上達してくると、レースが作業となってくるのは、致し方ないところか。。。

やりこみ要素は・・・

こんかい、騎手・調教師・競走馬それぞれにカードが存在して、そのカードを集めることによって、ゲームをより有利に進めることが出来るようになっているんですが、このカードをコンプリートしようとするのは、かなり至難の業。
なにせ、競走馬のカードなんか9,000を超えるわけですよ。
かなり根気を入れて、なんどもシナリオをやらないといけないわけで、通常の人はそのまえに挫折します。
普通にエンディングを目指す場合でも、かなりの時間を要することになりそうです。
上手な人でも50時間~といった時間がかかるようですが、下手な人にもなると100時間じゃおさまりそうもありませんね。
ボリュームとしては、かなりあるわけで、時間がある程度取れる人じゃないとなかなか先に進まない、そういうストレスはあるかと

ネット対戦が面白そうだ

さて、特筆すべき点というと、ゲームの面白さとは関係ないですが、今回メディアがDVD-ROMとなったことで読み込み速度がだいぶ上がったようです。
さらにBB Unitに対応しているので、HDDに突っ込むとほぼローディング待ちはなくなり(さすがに0にはならないけど)、ストレスを受けることはまずありません。
ギャロップレーサーのスレなんかを見てると、ローディングの遅さが問題視されているようで、この点では肥がんばった!と思わせてくれます。

近年の肥は、ネット対応に力を入れてますが、このゲームこそオンラインで遊びたいと思わせるゲームですね。
ネット対戦はかなりアツイものなると感じます。
やってくれないかなー肥。。。

さらには、ウィポ、ホースブレーカー、GIジョッキーと組み合わせてMMO化してしまったら、なかなか面白いことになりそうな気がするんですが、どうでしょうか・・・
史実と箱庭を重視して作られているこれらのシリーズですが、史実はある程度無視しちゃっても、巨大な箱庭が出来ることを想像すると、非常に面白そうな気もします。
やってくれないぁなー肥。。。

コレは買い

ひょっとすると、今年買ったゲームのなかでも、トップランクに位置するゲームじゃないか!と今のところ思ってる次第。
非常に麻薬度が高い!
競馬好きでゲーム好きなら、間違いなく買うべきソフトだと思います。
これはいいお買い物だ!

  • ゆこな

    犬なんて食べたくなーいよ!!

  • 怪しい通りすがり

    自分もこのゲームは好きデスネ

    先行逃げ切りが有利すぎるのが問題ですが・・・ 
    大逃げすると通常ペースでも確実に潰れるのが難点でしょうかね?

  • ジャン

    追い込み差しはかなり難しいですが、慣れてくれば先行して勝つよりも面白いですよ。ちなみは俺の場合は勝利数の半分以上が追い込み差しです。どんなにスピードがなくても、スタミナがない馬でも勝てるのが追い込み差しの良さです。