ひさしぶりに物欲を刺激された

昨日の出張で、visualizationのセッションがあって、それを見て思ったんだけど
マックが超ほしーーーーーーい

Apple MacBook Pro 2.0 Duo/15.4/1G/256V/100G/SuperDrive/Gigabit/AMEx/BT/DVI [MA464J/A]
B000B9NBN8
アップルコンピュータ 2006-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

なんで欲しいかと言うと、quartz composerとかいう、開発環境のデモンストレーションみたおかげで、このquartz composerとかいうのを使って遊びたい、というところ。
このquartz composerは、MacOS X10.4 Tigerの付属品でOSXのcoreな部分をふんだんに使っているらしいので、他のプラットフォームに移植されるようなことは、まずないっぽい。

Quartz Composerによるビジュアルフロープログラミング
http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2005/05/26/qc/

似たようなアプリケーションがWinやらLinuxやらで(出来ればオープンソースで)出てくれば、それにこしたことなんだろうけど、どうも期待が出来ない・・・となると、Mac買わないといけないね、って話になってしまうよね。

ちょうど最近、intel insideなマックが出てるようだし、ちょっと買ってみようかなと思ったわけだけど、当然のごとく「お金がない
しかも冷静に考えると、そのマックを買ったところでquartz composer意外のアプリを使うとも思えない。
(ターミナルは開くかもしれんけどw)
飽きたらマックがゴミと化す恐れが非常に強いわけですよ。。。
というわけで、衝動買いを抑えることが出来たわけですけどね。

quartz composerクローンが出てこないかなぁ・・・

  • 画像処理のプログラム学習用の環境を作るというのが
    わしの大学の頃の研究課題だったのですが、
    目指してたものはこれに近いですね。
    QuartzComposerで言うところの「パッチ」は全てプラグインとして実装。
    プラグイン同士の入出力を繋いで行く感じ。
    ウィンドウへの出力もプリンタへの出力もプラグイン。
    まぁ、10日間(研究室で作業した時間)じゃ完成しなかったわけですが。

    今更つくる気力もなし。