野球とF1と

まずは野球の話。

一時の勢いはなくなったものの、昨日のゲームは二年目の涌井が非常によかった。
ルーキーの住谷とのバッテリーでしたが、2安打完封ですよ。9回には最速となる151Km/hをマークしたということは、ペース配分も覚えてきたようだね。ただ昨日の試合は、打線の方がシメリ気味。ヒット4本だけで、四球9つももらったのに、残塁だらけ。。。
打線がもっとつながればいいのになぁ

続いてF1の話

昨日はサンマリノGPで、フェラーリのお膝元のイモラサーキットの開催。
結果はMシューマッハのポールトゥウィンでしたが、アロンソとのバトルはなかなかおもろかった。
イモラサーキットは古いタイプのコースで、コース幅も狭くオーバーテイクしにくいコース。

車自体はアロンソのほうが明らかに速かったけど、Mシューを前にしてはイモラじゃ抜けなかったね。

それはさておき、アグリのところの井出君ですが、F1レベルのドライバーじゃないな、彼は。
スタート直後にアルバースに突っ込んでしまったわけだけど、あれじゃアルバースがカワイソス。
レース後のアルバースのコメント(抜粋)

その後レースでは、僕はまずまずのスタートだと感じた。それが不必要なアクシデントで無駄になり、終わってしまった。スーパーアグリのドラ イバーたちはアグレッシブになり過ぎていたよ。スタートで僕たちの前に飛び出そうとしたんだ。つまり彼らがこれまでやってきたスタートで前に出て、レース の間ずっと前を抑えるというようにね。彼らはリスクを冒し過ぎる。そして僕たちはきょうこれがどんなに危険かを目にしたんだ。この戦術は理解できないね。 僕は彼が僕を捉えるだけの位置にいたなら譲ったよ。僕は燃料をたくさん搭載していたから、確実な戦略でドライブしていた。だから誰かを遮ったりしようとし なかった。それに対し、彼はただ背後から僕をコースの外に押し出したんだ。マシンは深刻なダメージを受けてしまい、本当に残念だ。

アグリチーム批判を展開。
アグリチームのニューマシンは、そろそろ登場してもいい頃だと思うんだけど、今よりちっとは早くなるんかなぁ?