SAW ソウ DTSエディション


photo
SAW ソウ DTSエディション
ケアリー・エルウェズ ジェームズ・ワン ダニー・グローヴァー
角川エンタテインメント 2005-03-11

CUBEを超えるとの触れ込みのこの映画、B級の低予算をうまく逆手に取ったなとおもた。
よく出来てるし、心理的に攻めてくる怖さはなかなかいい。点数は7点。
オススメです

以下、ネタバレを含むレビュー 

まず、褒めるべきところは設定が面白い。
密室に閉じ込められた二人と死体が1体、そこから密室から脱出するためのゲームが始まる。
そこから始まるシナリオも手がこんでいて、引きずり込まれるようにストーリーが展開していく。
基本的な話は密室の中で進んでいくので、映画製作の予算は少なくて済むんだろうから、こういう映画がぽっとできあがるんだろうね。
やはり映画は、予算じゃなくてアイデアが重要だよ。

ラストなんかもうまいこと裏切られたって感じ。
ブラピのセブンなんかを思い出すような、ラストかな。


photo
セブン
モーガン・フリーマン 東宝 2001-12-21

ストーリーのなかで、時折でてくる「生」というキーワードは、あくまでおまけでしかないね。
そんな気がする。

残念なところといえば、タイムリミットをもっと前面にだしたほうが、もっと緊張感がでていいとおもうんだけどな。
面白いからいいけど。

この映画は、オススメですよ。
さーみんなも、ツ○ヤに行ってレンタルしてくるんだw