亀親子

WoWのサーバあがんねぇー
さて、ボクシングの話

世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者、亀田興毅(19)=協栄=は初防衛戦として、同級1位、フアン・ランダエタ(ベネズエラ)との再戦を行う。22日に東京都内の協栄ジムで会見した金平桂一郎会長は「亀田にとってはリスクが高いが、早く再戦をして決着をつけようという結論を出した」と理由を語った。
 両選手は今月2日の同級王座決定戦で対戦し、亀田が序盤にダウンを喫しながらも判定勝ち。国内歴代3位の年少記録で世界王者についたが、テレビ視聴者から「採点がおかしい」といった批判が続出していた。金平会長によると、亀田は試合翌日からランダエタとの再戦を望んでいたという。協栄サイドには、本来のフライ級から階級を落とした亀田の減量苦に懸念もあったが、亀田の意欲をくんで再戦に同意した。
 王座決定戦で勝利したチャンピオンの初防衛戦はWBAのルールで指名試合となり、通常は同級1位と対戦する。ランダエタは最新の世界ランクでも同級1位にとどまっており、再戦を組むのに問題はない。WBA、ランダエタ陣営とも内諾をしているという。会場、日時の詳細などは近く発表される。

大方の見方だと10月に再戦するらしい。
ここで思ったんだけど、10月とは何故か・・・
南米の選手は、試合数をこなすのが普通だけど、日本人ともなるとそう簡単に世界戦を行わない。
ましてベルトがかかった試合ならば、年間2,3試合が通例となってるはず。
いや、10月に試合するのはいいんだ。問題はそのあと。

仮に10月に亀田が勝ったとして、放映権を持っているTBSは大晦日の枠をいまだ空けたまま。
当然、TBSサイドとしては金づるである亀田を大晦日に持ってきたい。
TBSの描く絵はどのようなものなのか・・・

その1 亀田が10月に勝った場合
3階級制覇をもくらむ亀田はベルトを返上して、1階級上に挑戦。当然、ベルトがかかっているほうが望ましい。番組にハクがつくから

その2 亀田が10月に負けた場合
亀田再起、夢は2007年に続く。試合は、ランダエタとの再戦は難しいだろうから、同階級か階級をひとつ上げて、世界ランカーと対戦といったところか

両者とも、日程的にコンディションを作るのがえらく難しいと思われる
いくら19歳と若いと言えども無茶な話だ

そもそもTBSサイドとしては、大晦日に再戦をしてくれたほうがありがたかっただろうが、向こうサイドやWBAの都合もあるだろうし、実現が厳しかったんだろう
このままでは、TBSサイドは亀田を潰しかねない、そう感じる
TBSとしても、亀田人気が下がることは、マイナスであるわけだから、もっと慎重に行くべきだと思うんだけどなぁー