F1 2006シーズン終了

結局、眉毛のワールドチャンピオンで幕を閉じましたね
ついでにM・シューのF1ドライバーキャリアも幕を閉じたわけですが

今年は、去年よりは面白いレースが多かったけど、昔のレースと比べちゃうとどうしてもドキドキ感がないね

眉毛嫌いだし、M・シューもどうでもいいけど、いちおうM・シューのことにでも触れておこうか

M・シューがF1という舞台で作ってきた記録は、どれもすごい記録であることは確か。が、ドライバーからは評判がよくない。
「彼はすばらしいドライバーだが、人間的にはそうではない」とも言い張るドライバーもいる。
”勝つために手段を選ばず”
フェラーリ移籍後のシューマッハを形容する言葉

F1というスポーツにおいて、”フェラーリ”というブランドは特殊な存在である。
フェラーリは早くなくてはいけない、という空気が流れているのもあってか、フェラーリと他チームの扱いにはだいぶ差がある。
要するにフェラーリに有利に働くように、レギュレーションを変えてきた運営元。
それを最大限に利用し、政治的にも優位な状況で勝ち星を重ねてきたフェラーリとシューマッハ。

もちろん人気もあるが、嫌いだという人も少なくはない。

あたしもその一人。

フェラーリは速くなくてはいけない、とは思わないし
むしろ、早くてもいいが、レース終盤にトップにたっていても、マシントラブルによりリタイヤしてドライバーがハンドルを投げつける、そんなチームであってほしい、と思っていたり

さて、シューマッハだけど、今後は何するのかしらんけど、DTMとか出てきたらちょっとびっくり
フォーミュラでは速いけど、ハコじゃ遅いってんじゃ輝かしい経歴に傷がつくもんなw
アメリカでカートってこともないだろうな、マンセルじゃあるまいし。

昔マンセルがF1から引退して、翌年にカートに乗ってたけど、やっぱオーバルじゃ遅い。インフィールドだとめっさ速いんだけどね。

ル・マンあたりには参戦してきそうだよな。
ル・マンは60過ぎの年寄りドライバーがけっこう参戦してるし、車もカウルがついたフォーミュラカーなんて言われてるし、シューマッハならかなりの成績を残せると思う。
ル・マンで走るのなら見てみたい気がするな。

シューマッハの話はここでオワリ

アグリのチームにもちょっとだけふれておこうか。

年間を通して、最下位の定位置を守っていたけど、最終戦の中国GPではなんかたっくんが10位に入ってる。
後ろにはレッドブル、ミッドランド、トロロッソと前を走っていたチームの車が。
この結果は正直すごい。来年はさらに車体がよくなるとすれば、ザウバーの上にもいけちゃうんじゃないかって思えるぐらい。
(表彰台はありえません)
来年に期待できる結果ではある。
セカンドドライバーの左近は、まだまだだね。っつーかF1のレベルではないきがするな。
もっとも、F1マシンにもっと慣れれば、もう少し上を狙えるだろうから、がんばってほしいところ。

さて、来年のF1はというと。
フェラーリにライコネンが移籍。上位チームは、今年と同じ顔ぶれっぽいな。
あまり期待出来ないかな、、、、でも見るけど

F1 2006シーズン終了」への2件のフィードバック

  1. Fran

    セナやプロスト、マンセルの時代のドキドキ感がないねえ。
    フェラーリはアレジがいた頃の人気はあるけど勝てないという、昔の阪神みたいな時期の頃は好きだったけどシューが行ってからのはなぁw

    最近はセナが生きてたらとか、右京がティレルに残らずベネトンでシューのセカンドDになってたらとか夢想ばかりしてますw

  2. rico

    そうそれ!
    あの時代がやっぱいいよ

    個人的には、マイケル・アンドレッティがもっと痩せていたら・・・とか
    ベルガーがもっとちっこかったら・・・とか
    富士重工の12気筒エンジンがもっとまともだったら・・・とか
    へんな妄想をw

コメントは停止中です。