略式命令

去年末の事故の命令が、裁判所からやってきました。

主文

被告人を罰金40万円に処する。
以下(ry

40万て、、、、予想よりはるかに高額。

刑法211条では、「業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。」となっていて、通常、業務上過失傷害の場合は、50万円以下の罰金が適用される。
なので、50万円以下の罰金がくるのはわかるのだけど、今回の事例だと、被害者は8日間の治療を要すとあるので、全治2週間以下だから、扱いとしては軽症ということになるとおもうんだ。
ざっと調べた感じだと、事故の度合いとしては、「専らの原因で治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故」であって、罰金刑の相場としては20万円~30万円になるとおもうんだ。違反点数は3点。
40万円となると、「専らの原因で治療期間15日以上、30日未満の軽傷事故」扱いで、罰金刑の相場が「20万円~50万円」。違反点数は6点で、一発免停。

再度書くけど、被害者の治療に要した日数は8日。示談が成立したと保険会社から来た、通知には全治2週間とあったはず。
どうも、扱いがひどくなってる気がしてならないんだけど。
どういうこっちゃ。

揉め事は面倒であるし、精神的負担が大きくなるから、40万払うけどさ。
なんとも腑に落ちない。

それから、被害者の方だけど。
保険会社から、これだけ払いましたっていう通知がくるんだけど、全治2週間なのに、いまだに通知が届く。
内容は、仕事が出来ないから、その分の給与を補填しました、というもの。
事故は去年の12月。今は、4月末。全治2週間。
おかしくね?
わたしの財布が傷むわけではないけど、4ヶ月もの間、仕事できなかったわけではないと思うんだけど、これはどうなのさ。
保険会社が認めてるんだから、そうなのかもしれないが、あやしいものを感じる。

あーもう、思い出すだけで腹が立ってきた。

とりあえず40万円をどのように捻出するか、考えなくては。

  • ゆこな

    略奪命令 と読んでしまったょ

  • ゆ。

    そーゆーのは面倒でも弁護士に相談した方がええかもとか思うがな。
    どうにも相手が絞れるだけ絞ろうとしているようにしか思えんが。( ´ω`)