韓国政府は事後法を正式に認めたようです

アタマイカレテル

韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領直属機関の「親日・反民族行為者財産調査委員会」は2日、日本の植民地統治に協力した「親日派」9人について、子孫らが所有する財産36億ウォン(約4億8000万円)を没収することを決定したと発表した。

韓国で植民地統治時代の行為によって、財産が没収されるのは初めて。

財産没収の対象となったのは、日韓併合条約(1910年)を結んだ李完用(イ・ワンヨン)
元首相ら9人。現在は子孫らが相続している土地約25万5000平方メートルが没収され、
韓国政府の所有となる。

同委員会は、2005年に成立した「親日・反民族行為者の財産の国家帰属に関する特別法」
に基づき、昨年8月に発足。同時に設置された「親日・反民族行為真相究明委員会」は
昨年12月、406人を日本の植民地統治に協力した「親日派」と公表していた。

by 読売新聞

さて、「親日派」云々の話は、気が向いたら調べてもらうとして、頭がおかしいと思うのは、事後法によって人を裁くっつーこと。
いや、今回の話はさらに、子孫から財産を没収とあるから、もっとおかしい話なんだけど・・・w

近代国家では通常、法によって国が統治されていて、法は時代とともに変わってゆく。
例えば、売春行為は違法であるが、以前はそれを禁じる法律がなかったので、違法ではなかった。
ここで、新しく何かを禁じる法律が出来たとしても、過去にさかのぼって、法に抵触する人を裁くことは出来ない。
また、実行時よりも後に定められたより厳しい罰に処すことを禁止している。これは、法の不遡及(ほうのふそきゅう)と言って、近代刑法の原則として認識されている。

すなわち、韓国は近代の法律原則が通用しない国家であると、世界に知らしめているわけだ。

どう考えてもイカレテルよな・・・w

でもって、過去の事例を後の法で裁き、その罰が子孫に適応される。

ありえねぇwww

たとえ話。

あなたのお父さんは、昔の昔、焚き火をして焼き芋を作っていました。
今から40年も前の話です。
しかし、最近になって焚き火をするとダイオキシンが発生して、それが人体に悪影響を及ぼすという認識が広まりました。
そして去年、焚き火禁止法が出来たのです。
あなたのお父さんはすでに亡くなっています。
しかし、40年前焚き火をしたことで、法律違反を犯したので、子供のあなたが代わりに罰せられなければなりません。
罰金100万円です。

つまりは、こーいうことだ。

何度も言うけど、近代国家としてはありえないことが2つおきている。
事後法と代理罰(代理罰という言い方は一般的じゃないな。なんて言えばいいんだろ)

こういうニュースは、世界各国に配信するべきだ。
そして、いかに韓国と言う国が異常が、知らしめるべき。