ツールドフランス2007 その4

【ロンドン24日時事】世界最大の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスに出場しているアレクサンドル・ビノクロフ(カザフスタン)がドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応を示していたことが24日、分かった。所属するアスタナ・チームが明らかにした。同チームは大会からの棄権を発表した。 ビノクロフは21日の第13ステージを制した後に受けた血液検査で持久力向上などを目的に行われる血液ドーピングの痕跡とみられる赤血球の異常が認められた。23日の第15ステージも制した同選手は再検査を求めているが、チームから出場停止処分を科された。違反が確定すれば、2年間の資格停止を受ける。 

おわた。

…こういう事実から…自転車ロードレースは、続いて、いくんですね。
…来週はクラシカ・サンセバスチャンですが、ヴィノはいませんが、UCIProTourは、続いて、いくわけです!
 ↑
2chのツールスレから、今宮さん風なコメントを拾ってきた。

毎年毎年、ドーピング問題にゆれるロードレース界。

ドーピング云々はおいといて、ロードレース自体は見てて面白いんだけども、ドーピング問題がそれに水を差すよなぁー。。。