与党惨敗を受けて

参議院選挙。
直近の予想から大きく変わることなく、与党惨敗という結果。

直近の予測から、大きく票が動くということは、よほどのことがない限りないので、結果はあらかじめわかっていたようなものです。

この結果から、衆参で与野党逆転現象が現実のものとなるわけですが、今後の動きを考えると、与党としては政局運営が難しくなっていくことは確実。
一方、野党民主党はこの結果から攻勢をかけて行きたいと考えているでしょう。
小沢もこの流れが長く続くとは思っていない。
内閣不信任案の提出などを駆使し、揺さぶりをかけて衆議院を解散させて、一気に政権を奪取したいという考えでしょう。

ただし、これは小沢周辺の考えで、若手が小沢に必ずくっついていくかというと、そうとは限らない。
衆議院解散までは規定路線ではあるが、その後は政党再編がありうるという予測もある。
これについては、また後々書くとしよう。

次、自民党大敗で、誰が飛ぶか。
普通に考えれば、幹事長クラスが辞任だわな。すなわち、中川。
だが本当なら、今回の大敗の原因を作った、赤城、柳沢も責任を取らないといけないが、ここはどうなるか。
(まだ同情の余地はあるにはあるのだけど、処理の仕方が非常にまずかった)
任命責任という点では、首相に全面的にあるわけだが、以前から言うように身体検査が甘すぎたことに起因することには違いがない。
首相の辞任はひとまずない方向で進むだろうが、お灸を据えられたと思って、内閣改造を断行すべきである。

細かい選挙分析は、今後情報が出てくるであろうから、その後にコメントとしよう。