段ボール肉まんはやらせでした

はて、真実はどこに?

【北京・大塚卓也】北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。
 中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局によるねつ造と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。
 同夜のニュースによると、調査の結果、テレビ局のアルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込んだうえ、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。自らビデオカメラで様子を撮影していたことがわかった。
 北京テレビの“特ダネ報道”では、露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていた――という。
 警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、「やらせ」が判明した。警察はこのアルバイトの身柄を拘束し、関係者を厳重に処分すると約束した。

毎日新聞

やらせが真実にしろ、問題だらけには違いないんだけど。
そもそも、中国には民放というのが存在しない。政府系というより中国共産党系の放送局しかない。すなわち国営。やらせ、捏造報道なんて日常茶飯事と考えるべき。
では、なぜわざわざ中国の食品問題に火に油を注ぐような報道をしたのだろうか?
推測でしかないが、海外の報道局が自国でニュースを流すとき、当然のことながらビデオ使用料を払わなくてはならないよね、著作権的に。それが目当てだったのかもしれないが、上からお叱りを受けて”やらせ発表”に至ったのか。

ちなみに海外の面白ニュースだったり、芸能ニュースを流していることがあるけど、実は外国人タレントのデーブスペクターの事務所が、権利関係をクリアしてテレビ局に持ち込んでいることが多い。フジTV系の朝の情報番組”とくダネ”では、デーブスペクターの持込ビデオで成り立っているコーナーがあるほど。

一方、”やらせ”自体が捏造という可能性も捨てきれない。
段ボール肉まんの販売は事実で、北京の放送局のジャーナリズムに基づいたれっきとした報道だが、中国の食品問題の火消しに躍起になっている中国政府が、”やらせ”というようにして、自体の沈静化に動いたんじゃないか?という推測。

どちらにせよ、中国なんて信用できる国じゃないことは確かだ。

でもまー、

靴が食べることが出来るんだから、段ボールぐらい問題なさげよね