黄金時代

最近のプロ野球は、古いユニフォームを期間限定で、着用することがあったりしますが、我が西武ライオンズも黄金時代のユニフォームを現在着用しています。
95年まで使われていた、ビジター用のユニフォームで、西武の野球は強いけどつまらないと言われていた時代のもの。
かっこいいかと言われれば、かっこ悪いほうに分類されるユニフォームですが。

つまらないと言われるのは、塁に出る、送る、返すという基本パターンに、足でかき回す、相手の隙を突くなどの小技を織り交ぜ、試合を優位に進めて勝つという野球で、大味な大砲主義的な野球だったり、98年の横浜のようなマシンガン打線だったり、そーいう力技的な野球が好きな人には、非常に魅力がないチームですた。

まーなんというか、高校野球の高次元完成系のような西武黄金時代の野球は、私は好きなんですけどね。
今の西武の野球は、黄金時代のそれとは程遠いですが・・・・

ユニフォームだけでも、当時の懐かしさを味わっていたりします。

ときにダイエーは、あの恥ずかしいヘルメットを復刻しないのでしょうか?