犬神家の一族 リメイク版

犬神家の一族 通常版 今年に入って映画カテゴリー初のエントリー。
お題目は犬神家の一族です。

最近、DVDで出ましたが、このお盆の次期にちょっとでも涼しい気持ちになりたくて、借りてきました。
リメイクなので、キャストもがらりと変わって、、、、ないところも見受けられますね。。。

犬神家の一族は、横溝正史を代表する作品のひとつ。
1976年に公開された、犬神家では主演に石坂浩二、監督は市川崑。
2006年に公開されたリメイク版では、主演に石坂浩二、監督は市川崑。
かわってねーww

話の内容は、まったくといっていいほど1976年のものと変わっていません。
なので内容には触れません。

驚くべきことなのか、主演の石坂浩二。歳をとったとはいえ、大きく変わったということはなく、しわが増えたかな?というぐらいの印象。相変わらず若いんですね。なので違和感をあまり感じられずに見ることが出来ます。
一方で、周りを固めるキャスト。加藤武さん、まだ生きてたのだね。。。「よしわかった!犯人は○○だ」の台詞。何一つ変わってません。

そのほかのキャストはだいぶ入れ替わりが。
それにしても結構豪華な顔ぶれです。一部を除けば実力のある人がそろっていて、演技が観れるんですが。
残念でしかたないのが、カットごとの間に違和感を覚えます。
市川崑衰えたかと感じてしまうのが悲しいところ。

もうひとつ残念なことを挙げると、小道具をもう少し気合を入れてほしかった。
犬神家で象徴されるシーンは、死体のおどろおどろしさだ。スケタケやスケトモの死体にリアルさがまったく感じられない。
そこはR18に指定されてでも、リアルさを追及してほしかった。
1976年当時は、あれでよかったのだろう。現在では映像技術が向上してしまい、リアルさにおいてはシビアな目が向けられる。
そのおかげか、チープな映画の印象を与えてしまう。

お話の面白さは、従来どおり面白いものである。
石坂浩二の金田一も私は好きだ。それ故、残念なところもあるが、十分に楽しめる作品だと思う。