放置プレイをくらう

部長に業務改善を求められる。
あたしの勤怠が悪いとかじゃなくて、部の業務をなんとかしたいらしい。

あまり詳しいことは書けないけど、現在は現場でなくて間接部門に属している。間接部門とは、現場と違って、プログラムを書くとか設計書を書くとかそーいうのは無いはずなんだけど、こーいうのをやることになってしまった。
で、先週から業務分析(らしきもの)を行って、新しい業務フローを考えてみたものの、部長は忙しくてレビューする暇が無いと言い張る。
先に進めねぇえぇえええええ

業務フローにOKが出てるわけじゃないのに、とりあえず画面遷移図とか描いてみる。
んー微妙。

何が微妙ってそれはあれですよ。
業務設計:あたし
UI設計:あたし
エンティティ設計:あたし
コーディング:あたし
テスト:あたし
環境構築:あたし
運用:あたし(たぶん)
すなわち、全部あたし

あふぉか
全部あたしじゃねーかぃ

とまー、こうなってるわけですが。
逆に言えば、環境とか好きに出来るわけですね。

というわけで、どういう環境でやろうかといろいろと悩んでいる。
何せ、まともに開発からしばらく離れてるからねぇ。

で、巷で流行ってそうなテクノロジーをちょいちょいピックアップ。
まー、Webシステムでやろうということになるので(VC++で専用アプリとかありえないw)、そのへんの技術。

気になるのが、Seasar2
JAVAのフレームワークなんだけど、最近ちらほら聞く。
だいぶ、コーディングする量が減るらしい。で、生産性を上げるってことなんだろうけど、方言を覚えないと生産性以前の問題に陥るからなぁ~。

もうひとつ気になるのが、Ruby on Rails
2年ぐらい前からいろいろと話に上がっていた、Ruby on Railsであるけど、Rubyっつーことで敬遠していたw
Rubyを触ってみようかなと思ったとき、あたしはバリバリの手続き型言語派であったので、こんなんありえん(笑)ぐらいのことを思っていた。
が、Ruby on Railsのデモを見ると、この生産性はすばらしいと感じた。(騙されたのかもしれんw)
ま、Rubyなんてまともに触ったことないけど、数日でなんとかなるでしょw
Railsの方言も、Rubyといっしょに覚えてしまえば、どったことないと思われる。
Railsの問題点は、大規模なシステムにはあまり実績がないことだろうけど、今回作るのはそう大きくないし、利用者も至極少数だしということで、Railsでなんとかなるんじゃないかと思ってみてる。

以下、却下リスト
PHP:symfonyを使ったシステムも考えたが、PHPからちょっと離れたい気分。RoRのPHP版って感じなんだなこれ。
JAVA+TOMCAT:フレームワークなしで。やること考えたら、こんなんでかいてられんw
PerlでCGI:ありえん(笑)