Sub PCを新調したくなった

現在、古いノートPCがサブPCとして稼動しているわけです。
Dynabook E7/518PME というノートPCで、メモリが256MBしかありません。
メモリ増設しようにも、512MBまでしか認識しないため、増設する気にもなれません。w

デフォルトでXPがインストールされていたマシンですが、XPではどうにも不便なので(性能的に)
Linuxを入れて、動かしてるわけですが、それでも遅い。
最近のLinuxもメモリを食うねぇー。

と、いうよりはあれか。
デスクトップ用途だとどうしてもメモリを消費してしまうね。

で、サブPCをもう少しなんとかしたいと思うわけですけど
あまりお金はかけたくない
何せ、サブPCですから

用途を考えると、、、、結構多岐に渡る

1.Web閲覧用
2.Web開発用
3.その他

現在、スペック的に厳しいので、ゲーム配信的なことはしてませんが、将来的にはやりたいな、とは思っていたりします。
そうなると、2PC配信環境というのが望ましいわけですね。
なのである程度のスペックは確保しておくべきだと思うのです。
ディスクアクセスの速度がある程度確保できてないと厳しいかなと思います。
youtubeや、ニコ動画のような動画配信サイトに投稿するにしても、エンコード速度よりは、素材録画のほうが重要な気がしますし。

というわけで、用途からはじき出したスペック
CPU:早ければ早いほどいいが、そこまで気にしない。C2Dあたり
GPU:ゲームをそのまま動かすわけではないので、基本的に映ればいい
メモリ:多ければ多いほどいい。目標としては4GB。これだけあれば、当面困らないはず。今安いし。
OS:メモリの関係上、64bit版を採用したい。Vista/LinuxのDualBootが望ましい。
HDD:大きければ大きいほどいい。コストパフォーマンスのいい500GBあたりが望ましいか。
とまーこんな感じ。さらに

キャプチャーユニットまたはキャプチャーカードを装着して、録画環境を構築
(とりあえず、地デジのことは考えない。なぜならテレビ見ないから)
キーボード&マウスは一体型となったやつが望ましい。別々だと場所とるから。
無線LANとかいらない。有線でOK。
モニタは、場所をとらない小さめの液晶がいい。安いし。
流用するにしてもゲーム用モニタは、未だにCRT健在。

こう考えると、拡張カードが1枚はさせないといけない。
コンパクトなものを考えているので、あまり自作とかは考えたくないのだよね。

で、計算していくと、キャプチャー環境の外したとして、約8-9万円ってところだ。
うーん、なかなかの出費。

中古ノートPCを買うよりはるかにましだけど、ちょっと躊躇してしまうお値段。

というわけで、現在の物欲プライオリティーリスト

・サブPC
・携帯ゲーム機
・メインゲームPC用 アンプ