2008年GW越後の旅 その4

岩船漁港を後にして、一行は阿賀野市安田地区を目指すことにした。
安田地区で狙うは、ぽっぽ焼きという食べ物。
(wikpedia:ぽっぽ焼き)
新潟の人間に言わせれば、30本ぐらい平気で食べられるような代物らしい。

今回の旅の主目的のひとつです。
いざ、安田!って車を走らせたら、道の駅らしきところで、ぽっぽ焼きののぼりをゆ。が発見。
すぐさまUターンして、道の駅に入る。どうやら道の駅 神林(穂波の里)というところらしい。
すると、あった!
ぽっぽ焼き屋さん!!
屋台で売っている、ぽっぽ焼き。
30本1000円を購入。4人いれば30本ぐらいへでもないだろう。
と思ったら、甘かったw
もちもちとした食感はいいんだけど、これはお腹膨れる。
誰よ、30本ぐらい平気で食べれるとか言ったのは、余裕で無理なんですけどwww
ミルクとか雪印コーヒーのようなものと合わせて食べると、すごくいい感じっぽい。
駄菓子感覚で食べるんだろうね。これ。

この道の駅で、オニギリと草団子とへんな豆腐のやつを合わせて購入。
情報ステーション内で軽い朝食をとる。
オニギリと草団子は普通なんだけど、へんな豆腐のやつがこれまた強敵。
普通においしくないw
この豆腐の何かは後に廃棄されますた

ぽっぽ焼きをゲットしたので、次の目的地を変更
新潟市内に戻って、イタリアンと洒落こむのが次の目標。
イタリアンと言っても、パスタではないのがポイントなんだけどね

新潟でイタリアンと言えば、これをさす
(wikipedia:イタリアン(新潟)
以下、wikiから引用

名前から想像されるスパゲティの類ではなく、もやしを多く用いた「洋風ソースかけ焼きそば」である。

焼きそば同様に蒸した中華麺が原材料である。油を多量に用いた太目の炒め麺に、キャベツ、もやし等の具を加えてあり、焼きそば、もしくは焼きうどんに類似するが、塩気は少ない。

ミートソース以外で麺に上掛けするソースの種類には、ホワイトソース、エビチリ、カレーソース、麻婆豆腐などがあり、ハンバーグやオムレツを麺の上にトッピングしたものなど、種類が多い。

とまー、ジャンクフードの類です。
あたしはてっきり、喫茶店か何かで出してるものかと思っていたんだけど、マックやロッテリアてきな、ファーストフードで出してるんだね。これ。

あたしは、食欲があまりなかったから、アイスコーヒーだけ頼んだんだけど、一口いただいたところ、まずくもなく、おいしくもなく。ww
もやしが微妙すぐる。新潟県民はこんなものをおいしがるのか。。。
不思議なものだ。

つづく