PCをパワーアップさせた

つい勢いで、買ってしまった物。

  • GeForce 9600GT OC版 (GV-NX96T512HP
  • Creative SoundBlaster X-Fi Xtream Gamer

の2点。

まずは、9600GTだけども、今まで使っていたのは、AsusのGF7900GSで、ミドル路線のど真ん中。9600GTもミドル路線であるけど、9系の中ではお買い得感が非常に高い。値段も適度に下がってきて、15000円~というかんじ。あたしが買った、GigabyteのやつはOC版で、ファンレスのモデル。2万円でした。
9600GTも、リファレンスカードは大きいという話なので、HDDが3本はいってるケースだと厳しいかな、と思っていて二の足を踏んでいたんだけど、Gigabyteのものは若干短いってのもポイントが高い。ファンレスだけど、温度を確認する限り43度ぐらい。ぜんぜん問題なし。ですよ。

パフォーマンス的にもだいぶ上がっているようで、なかなか幸せな状態。
とりわけ今重いと思われるソフトも、たいてい動く。7900GSじゃちょっと厳しいなぁーって思っていたゲームもそこそこいい感じで動くから、うれしいね。
ひとまず、GPUはこれでしばらく過ごす予定。

もうひとつの、SoundBlaster。
PCゲーマーなのに、SoundBlasterつけてないなんて、もはやギャグでしかなかったんだけど、いい加減搭載しようということで、X-Fi製品の中では廉価なこのモデルを買うことにしました(X-Fi AudioはH/W処理されず地雷扱いなのでスルー)。
SoundBlaster製品は、久しぶりの購入になるんだけど(かなり昔、Live!が出たころ以来)、こんなに進化していたのか!という浦島太郎状態です。
今のSoundBlasterに搭載されてるチップ自体は、もう3年ぐらい前の設計なわけだけど、遥か昔の記憶しかないあたしにとっては、これはびっくりパフォーマンス。
ここ数年間、OnBoardのサウンドに妥協していたのが失敗だったと思うぐらいいいじゃないの。というのが最初の印象。でも、すぐに慣れちゃうんだろうな・・・w

さて、実際にゲームをやってみないとあれなので、適当なゲームをチョイスして、プレイしてみた。
検証環境は以下のとおり

CPU : E6850 3.0GHz (定格)
Mem : 4GB (3.5GB認識)
GPU : GF9600GT OC
Sound : SB X-Fi Xtream Gamer
OS : WinXP Pro SP3

検証1 Hellgate:London
けっこう重いゲームであるけど、重い場所でも30~40fpsは出てる気がする(Hellgate:London内臓のFPS表示はどうも怪しい)。
で、音のほうは、どうも従来はモノラル設定になっていたらしく(なんかおかしいとは思っていたんだけど)、5.1ch設定に変更。
Windows側の設定で、5.1chスピーカーに設定しておいて、SoundBlaster側でCMSS-3Dを有効にした状態で、ヘッドフォン出力設定にしておく。
するとどうでしょう。敵の位置がわかりやすくなった!(気がする)
そのへんは、聞き分けが難しい。というのも、敵が突然出現するときは、なんかしら音が出るんだけど、前方から飛んできて、後ろに出現とかあったりで、どこから音が聞こえるべきかというのが判断しづらい。でもまー、音は良くなったw

検証2 Civilization 4 Beyond the Sword
グラフィックに関しては、7900GSでも十分なので、グラフィックのことはおいといて、サウンド回りを。
Civilization4では、EAX4に対応してる。カード自体は、EAX5.0にまで対応している。
さて、聞こえる音はというと・・・
クリアになった感じかな。特にサラウンド環境が重要なゲームでもないし、けっこうどうでもいいかなw

検証3 無双OROCHI
KOEIの無双です。PC版ね。
このゲームも7900GSでさくさく動くので、グラフィックに関して特に問題なし。
音に関しては、、、、えーとこれ。。。。5.1chの設定とかないのか。。。
ただ音が鳴るだけとかwww
というわけで、ぜんぜんだめ。ちょっと音の質がよくなったぐらい。

検証4 Crysis
えーと、今回のパワーアップと同時に購入してしまいました。
環境ソフトとして名高いCrysisですが、7900GSじゃきびしーだろうという判断のもと、スルーしていたわけですが、9600GTなら動くよという情報をききつけ、購入を決意。
7900GSで動かしたことがないので、検証もなにもないんだけど、高設定(最高設定じゃない)でもそこそこのパフォーマンスを出してくれます。特に不満もなくあっさり動いたのは、ちょっとびっくり。
でも、ゲーム自体が・・・って話はまた後日しましょうか。

ひとまず、こんなところ。
これ以上のパワーアップは、根本的なところから改善しないといけないし、現状のパフォーマンスに不満があるわけでもないので、ひとまず別路線の増強を考えます。