のぼうの城 第一話

スピリッツ新創刊2号の目玉らしい新連載「のぼうの城」を読んだ感想です。

まずこの「のぼうの城」は、和田竜という人のベストセラー小説がもととなっているそうです。
私はこの和田竜という人は知らないし、当然原作となる小説も読んでいません。
したがってあらすじ的なものも知らないし、ストーリー展開も知らないわけです。
なのであまり話の内容については触れません。

作画は、花咲アキラ。「美味しんぼ」の人と言えばわかるでしょうか。あの人です。

このお話は、戦国時代後期の武将の話のようです。
1話では、秀吉の小田原攻め直前あたりから始まります。
主人公は、”のぼう”こと成田長親。成田家の家系で、成田家は北条配下にある家系です。
小田原攻めを敢行する秀吉の勢力に対抗し忍城(おしじょう)の戦いでは、主人公が秀吉の軍勢を跳ね返すというお話らしいです。

さて、この手の戦記モノは一般的に固有名詞をもった登場人物が多く登場するわけですが、この物語も登場人物が多そうです。
しかし残念ながら、作画の花咲アキラの絵では登場人物の書き分けが不十分で、誰が誰だかわかりづらいところが多々見受けられます。登場人物が多いため、これは致命的な混乱をもたらすと思います。

ファンタジーなお話ではないので、衣服での書き分けは難しく、基本的には顔で書き分けなければなりませんが、花咲アキラの絵ではそれは難しそうです。

今後これは改善されるのか(おそらくはされないと思いますが)注目してみたいと思います。