無賃乗車の旅はいけないことなのは確かなのだが。

やふーを見てて、「東京ガス社員、ぶらり“無賃乗車の旅”ひたすら鈍行で」こんなタイトルの記事があったので見てみたんだけど、タイトルだけから推測するに、??というのが最初の印象

順に整理していくと、
・東京ガス社員が無賃乗車した、鈍行で
・記事になるぐらいだから、ブログが炎上した?
・どのように無賃乗車した?

内容を見ていくと、あれこんなことで無賃乗車になるんだ、という印象を受けた
記事の内容から引用すると

無賃乗車の手口については、「定期券を使って駅に入って、ひたすら鈍行列車(特急列車や新幹線では切符拝見されてしまうため)で〇〇(=目的地)まで行き、(中略)鈍行列車で帰り、定期券で××駅(=最寄り駅)から出れば、乗車賃は0円という仕組みです。どう? 巧妙な作戦でしょ?(笑)」などと告白している。

ということらしい。どうもこれはいけないことらしく、記事をさらに引用すると

JRの規定では、「東京近郊区間」と呼ばれる特定区間内のみの乗車に限り、乗車ルートを問わず最短運賃を適用。これにより北関東や成田、神奈川方面をまわった経路では最短運賃となるが、それ以外は完全な不正乗車。最短運賃適用区間のみの乗車でも、定期券で同一最寄り駅を入退場しているため、実際に乗車した区間の運賃が適用されることになる。

だそうだ。

ここで疑問を持ったわけだけど、例えば
東海道線には東京発大垣行きという電車が深夜に一本走っている。(最近ダイヤ改正でなくなったようだが)
夜遅くまで残業してる人の笑い話にたびたび出てくる、魔の大垣行きである。
うっかり電車で寝てしまうと、とんでもないところまで連れて行かれてしまうわけです。
上記のJRの規定を鑑みると、横浜から乗って、平塚で降りるつもりが気がついたら浜松といった場合、平塚から浜松までの往復料金を本来なら支払わないといけないってことだよね?おそろしや