Brothers In Arms: Hill’s Highwayを終えた

去年の9月に出ていたBrothers In Arms: Hill’s Highwayを最近になって買っていました。
買ったのはPC版ではなく、プレイアジアから海外版のXBox360のやつを。

まー買った理由は、去年の準購入リストには入っていたんだけど、他のゲーム優先ということで、とりあえずスルーして、値下がりを待ったわけです。

Ubiのタイトルは、半年もすると値下がりが始まるので、しっかり待っていたら、プレイアジアで2000円ぐらいで出てたので、さくっと購入。

クリアまで約10時間といったところ。3日間かけてゆったり攻略しましたが。
デフォルトの難易度だと、ちょっとぬるいね。

さて、BiAシリーズはいちおうは、タクティカル系FPSに分類されるゲームだけど、タクティカル系というには、実にカジュアル。そもそもBiAシリーズはGhost Reconシリーズと違って、シリーズの最初からCS機を前提に作られているので、生い立ちから異なる。

このシリーズは、”弾が当たらないゲーム”で通ってるけど、確かに当たらない。が、リーンしてズームすると、けっこう当たる。というかそうやって攻略していくようにバランスとってるもよう。そういう意味では、チームで十字砲火を当てるという本来の動きはそこまで重要ではなくなってる。
ピンポイントでスナイプ出来てしまうので、MG42でばんばん撃たれてるところを、真正面から射撃主を狙い撃ち出来るのは、正直どうなんだろうか。

まぁ、否定的なこと書いたけど、面白さはそこそこ。
Ubiからリリースされてるけど、開発はgearboxでUbiタイトルクオリティとは若干異なる。
ただリプレイ性は高くないので、1回プレイしたらいいかなーってところ。