ET:QWが面白い

先日買った、Enemy Territory: Quake Warsを開封してインスコしプレイしてみたら、これが意外と面白い。

Quakeの世界観を持ったETQWであるけど、Quakeのようなスポーツ系FPSではなくて、どっちかっつーとBFシリーズに近い感じ。
まぁBFシリーズはやったことないんですけどね。

残念なことは、人がいないことおよび鯖が少ないこと。
人がいれば最高なのに・・・(;^ω^)

ある人が言ってたけど、ET:QWは発売時期が悪かったって。
発売されたのは、2007年11月。同時期に発売されたFPSでは、CoD4、TF2といったマルチプレイで大成功を収めたタイトルひしめき、そのほかにもシングルFPSも大作が目白押し。

同時期に発売されたETQWは日の目を見ずに終わってしまった感がある。
(ちなみに、同時期に発売されたUnreal Tournament3は細々とながら、最近でも大型パッチが出るなど、地味にがんばってる感はあり)

これからも人が増えるとは到底思えず、残念で仕方ないが、夜になれば若干人はいるようなので、細々とプレイしていこうかな。