F.E.A.R.2: Project Origin (Xbox360 日本語版)の所感を書いてみる

借り物のFEAR2箱○日本語版をクリアしました。
PC版のFEAR2(もちろん、英語版ですが)を何周かクリアしてるので、ストーリーとかはある程度抑えているし、アイテムの位置もだいたい把握してるわけなので、ほぼ作業プレイな感覚。

しかし、なんというか。
パッドでFPSはつらいねぇ。XFPSの出来がよろしくない、というか根本的な構造に無理があるので使用を差し控えているとはいえ、とにかくエイムがきつい。そのあたりのことは、前にも書いたのでそれぐらいにして、ローカライズの話をしようかと。

日本で発売するにあたり、CEROを通さないといけなかったりするようだけども、日本のレーティングだと人体(またはそれに類する生物)の部分欠損の表現が厳しいようで、かなり無理な修正を余儀なくされてる。このゲームのオリジナルはけっこうきつめのゴア表現を用いていて、近距離で敵にショットガンを放てば、敵がバラバラになったりするのだが、日本語版では敵が消失する。これでは、敵を倒したのか後ろに回られたのか判断つきにくい。
ゲームの作りからして、敵が消失するのではなく、バラバラにならないような修正の仕方はむずかしかったのかもしれないが、やはりバラバラにならないような修正が望ましかった。(もちろん、無修正が一番いいのだが)

それから日本語化において、そこまで訳す必要はあるのか?と思えるところが所々見受けられる。
ゲーム中、なんどかロボットを操作する場面が登場するのだが、
FEAR2のロボット操作画面
発射準備状態とか違和感ありすぎだろう・・・

さて一通りプレイして、あとは実績解除かなーと思ってみたけど、コレクタブルの収集がめんどくせぇwww
それほど数が多いわけではないのだが、そこまでムキになってやるようなものでもないかなって。(他にもゲーム抱えてるし)
というわけで、FEAR2日本語版は2周分プレイしてもう終わりにする。

そのうち思い出したかのように、PC版のFEAR2をプレイするとおもう。