とりあえず、BFBC2の感想を書いてみる

日本でのリリースまであと数日あるが、海外では既にリリース済みである。
何故、日本だけリリースが遅れるのか理由は分からないが、すでにPC版を体験済みなのでPC版をプレイした感想をちょこちょこっと書いてみることにする。

[シングルプレイヤー]
開発元のEA DICEは今回のBattle Filed: Bat Company 2で打倒Modern Warfareを掲げていたようだが、結果からするとModern Warfareと嗜好性が異なるといえばよいだろか。
Modern WarfareはCoDシリーズの中でもシングルプレイに定評があり、映画のように流れるストーリーと演出が評価の決め手である。

一方、BFBC2もシングルプレイヤーに力を入れたらしく、人的リソースの配分もシングル:マルチが50:50だという。

ところがだ、このシングルがかなりつまらない。
一言で言えば「出来が悪い」のである。
これはパッチレベルで修正されるようなものではないと感じる。

具体的にだめなところを記述すると
全体を通して4人分隊で行動することが多いのだが、仲間がちっとも仕事をしない
仕方が無いので、強制的にポイントマンをさせられるが、敵は味方を攻撃せず、ほぼプレイヤーを狙って攻撃してくる

CoDシリーズでもおなじみのスクリプトベースによるステージ構成であるのだが、チェックポイント到達で、わらわらと敵が突如と目の前に出現するから困る。

シングルに関して言えば残念な出来と言わざるを得ないが、まーBFシリーズだしと考えれば、本命はマルチプレイということになるだろう。
シングルを期待して買うというのであれば、はっきり言ってお薦めしない。

[マルチプレイ]
こっちが本命のマルチプレイ。PC版ではDedicateサーバがサポートされ、快適なサーバを探す作業が待っているが、どこも盛況なようで日本からなかなかいいサーバを見つけることが難しい。これは日本に設置されたサーバが圧倒的に少ないこと。ただ予定では今後増えるということなので、これは時間が解決してくれるだろう。

さて、ゲームモードは4種類ある。
ラッシュ、コンクエスト、部隊デスマッチ、部隊ラッシュの4種類。今後ゲームモードを増やすことも予定に入っているとか。さらには各ゲームにハードコアモードが存在する。(まぁーサーバ側の設定なんだけどね)
ざっと見で、コンクエストのサーバが多いように見受けられる。
続いてラッシュで、部隊デスマッチと部隊ラッシュの設定がされたサーバはあまりないようだ。

さて、実際のプレイ感覚では多少Pingの値が悪くても、結構ゲームになる。ところが、サーバのスペックがひどいといくらPingが良くても、ラグがひどいことになるので実際に入ってみないと快適かどうかはわかりかねる。

ラッシュおよびコンクエストを中心にプレイしているが、さすがにBFシリーズということもあって、マルチはやはり面白い。個人的にはHCモードのラッシュが一番好きだったりする。コンクエストは展開が早すぎる感じを受ける。部隊デスマッチはBFじゃなくてCoDでもいいおねっつー感じ。部隊ラッシュは未プレイ。

概ね好印象な感じではあるが、如何せんサーバが不安定なのは勿体無い。
先日サーバ側にパッチが当たったようで、安定度は増したが、まだ不安定な感じを受ける。
またステータスが保存されていると思われるEAサーバがキャパシティが足りていないのか、こちらもかなり不安定。こちらは人が減れば安定するようになるだろうが、なんというかさっさと安定化させて欲しいところである。

まだ問題はある。チームバランスの問題だ。
PC版は最大で32人プレイが可能なのだが、12:20といった一方的なチーム分けになってしまう事がある。これはフレンドによる部隊ごとに参戦した場合に起きやすいそうだが、オーバランスが機能としては存在しているにも関わらず、オートバランスが機能していないのが原因とか。
このあたりは早急に対処していただきたい。

[全体を通して]
グラフィックに関して言えば、かなりレベルが高いと思われる。Windows7x64 DX10環境でプレイしているが、土煙が舞い、視界が遮られるといった演出効果も(うざったいが)レベルが高いと思う。

PC版であるので変更可能ではあるが、デフォルトの設定だとFOVの値が低すぎる。
デフォルトの値が55であるため視野が狭く、人によっては酔いやすいと思われる。一般的にはコンシューマ向けに合わせたセッティングということだが、渡しの場合は90(1920×1200)でプレイしている。

次にサウンド関係に注目したい。
BFシリーズはサウンド関係にけっこう力を注いでいると思っているが、今回も脳汁が出そうである。
しかし個人的に残念なのは、手持ちのサウンドブラスタが故障のあめ退役しており、今ではオンボの2chヘッドホンセッティングという環境だ。サラウンド環境できっちり音を出せたら、脳汁が吹き出ると思われる。それほど音響効果は良い出来だと思う。

負荷関係を見てみると、GPUよりもCPUのほうが負荷に強い影響を与えるようだ。
言い換えると、CPU依存度が高いゲームである。

[まとめ]
買うならやっぱりPC版がいい感じだと思う。
海外ではコンソール版よりPC版のほうが売れているらしい。

でもまー、コンソール版でもさほど悪くはないと思うね。
ちなみにPC版はマルチランゲージ仕様なので、どこで買っても(北米だろうと欧州だろうと)、日本語対応しとります、はい。