twitterがちょっとだけ面白く感じるようになってきた

twitterに@ricomaruなるアカウントをとってはや10ヶ月。
ほとんど放置してきたわけだが、昨日「博士の異常な鼎談」を見ていて、もうちょっと触ってみようかなという気が湧いてきたので、ぽちぽちとtweetしてみた。

ようやく面白さが理解出来きてきた。

140文字という制限があって、当初twitterの名を聞いたとき、どこが面白いんだと思ったわけだが、使い出すと面白さがわかってくる。逆に言えば使わなければ面白さが分からないっつー類のものなんだろう。

ジャーナリストの津田氏曰く、「つまらないと言う人の殆どが、いくつか虚空につぶやいていて、そこで止まってしまう。それではつまらないのは当たり前。とりあえず最初は100人ぐらいtweetしてみるのがいい。」とのこと。

本格的に使い出したのが昨日なので、twitterペーペーもいいところなのだが、twitter側もぽちぽちとつぶやいて行こうかなと思っている。blog側との兼ね合いもあるのだが、このblogからは政治色を極力排除している。一時期、政治色が強くなってきて、これはどーいうblogなんだと自問自答したことから、政治に関する事は別blogに移す事にしたわけだが、現在そちらは絶賛更新停止中。

理由はというと、政治色が強いエントリーを書く場合、ちゃんと事実関係を把握した上で記事を書かないと行けない。そして論理的に話をまとめ上げた上で、自分の意見を書く必要がある。そうしないと、ただの理解していないお馬鹿さんの妄想垂れ流しとおなじになってしまうからだ。結果として、1エントリー書くのに1時間、下手すると2時間とか3時間とかかかってしまう事がある。これでは重荷になって長続きしない。文章を書くのが仕事の人なら、継続運営できるかもしれないが、一般人にはまず無理。それでも出来ている人はいるが、その人はすごいとしかいいようがない。

twitter上では少し政治色を高めようかと思っている。140文字という制限があるうえに、twitterの性格上、前段を必要としないこともあるから、気軽なのだ。

できればtwitter上で地元政治家と対話してみたいと思うが、如何せんtwitterやっていない。いや、バカのほうはいちおうアカウントあるのか。政治家とオープンな場で一般市民が対話できるってのは実に素晴らしい事だと思うんだ。