またヘッドホンをポチってしまった件について

先日発売されたスプリンターセル:コンビクションをプレイしていて思った。
敵の声がどこから聞こえているのが正しいのかさっぱりわからん!!

というわけで、約1年前に導入を考えた、箱○のサラウンドシステム化を考えてみた。
約一年前のエントリー: http://rico.waterblue.biz/?p=1321
一年前と部屋の状況は変わっていないから、あくまでヘッドホンによるサラウンドなので、Dolby Headphone(または、それに類似する)によるバーチャルサラウンドという選択肢しかない。

で、とりあえずヤマダ電機へ向かってどんな音するのかなーって視聴しに行ったわけだけど、ヤマダ電機においてあったサラウンドヘッドホンはSONYのMDR-DS7100、PioneerのSE-DIR800CII、PanasonicのRP-WF6000、以上3つしかない。
しかも、どれも電源とっておらず、音源ともつながっていない。だから視聴も出来ない。
売る気があるのか!?
とりあえず近くにいた店員をよびつけて、在庫の確認をしてもらうと、全部在庫なしで、GW開けの取り寄せっつーことになるとのこと。

つーわけで、ヤマダ電機使えねー、LABIじゃないと話にならねー、と感じつつコジマ電気に向かう。
近所の(つーても言うほど近所じゃないけど)コジマ電気は、ヤマダ電機よりはオーディオが充実している。はず・・・・。
しかし行ってみると、確かにヤマダ電機よりは充実しているが、あくまでリアルサラウンドシステムが中心で、サラウンドヘッドホンはどこー?状態。
で、思いついたのがヤマハとかのDSPアンプにヘッドホンでバーチャルサラウンドなのだが、ヤマハのアンプが一台もない。
おいいいいいいいいいいいい。
コジマも使えねーと感じつつ、帰宅していろいろ考える。

つーか、PCのサウンドカードにDolby Digitalなストリームを流しこめば、PC側でうまいことやってくれるんじゃなかろうかと妄想してみた。
結論から言うと、それは無理なようでございます。どうやらDolbyの取り決めかなんかで、録音機器はDolby Digitalを食ってはいけないというのがあるらしく、PCのサウンドカードは録音機器としてみなされてしまうので、digital inにDolby DigitalやDTSといったストリームを流し込めないということらしい。
こんなことに2時間も無駄にしてしまったZE。

つーわけで、VictorのSU-DH1と専用ACアダプタをamazonでぽちってやった。
ただ、amazonに在庫があるわけではなくて、マーケットプレイスから、しかも別々の店舗でそれぞれ購入。割高になるじゃねーか。。。そしてアダプタだけ先に届くじゃねーか。。。w

で、ふと思った。「あ、ケーブル買ってねぇー」

で、ケーブルをカートに突っ込んで思う。ヘッドホンは手元にあるオーディオテクニカのAD500でいいんだろうか、と。AD500はお気に入りではあるが、本当にこれでいいんだろうか、と。
amazonの在庫とにらめっこしつつ、ゼンハイザー HD595が気になって仕方ない。AKG 701や702も気になるところだが、サウンドハウスじゃないと買う気になれないお値段。というかSU-DH1には高級すぎる感が強い。

時計を見ると、すでに深夜3時。
正常な判断ができなくなっている頃合い。

あーあーあー、「逝っとくか」

というわけで、新しいヘッドホンが今日か、明日には届くと思われます。
すでに4つあるヘッドホン(ヘッドセットを含む)との兼ね合いをどうしようか、お悩み中。