これからのレースゲームに求められる何か

先日、Forza 3 Motorsports Ultimate Editionが発売された。そして本日グランツーリスモ5が11月25日に発売されるということが発表された。グランツーリスモはこれまでに何度も延期を繰り返してきており、ようやくと言った感があるが、さすがにもう延期するということはないだろう。

と、このタイミングでこれからのレースゲームに個人的な要望を挙げておきたい。
ターゲットは、純粋にレースをするゲームであって、例えばTest Drive Unlimitedのようなドライブに主眼を置いたゲームだったり、首都高バトルのようなある種テーマ性があるようなゲームは対象から除外する。
主なターゲットはグランツーリスモシリーズとForzaシリーズだ。PCの純粋なレースゲーム(SimBinとかの)は、MODで以下に書くことはなんとでもなってしまうので、ここでは除外して考えていきたい。

このポストは長くなると思うので分割

収録コースに関して

やはりレースゲームは、実在コースを再現するのが望ましい。ほぼ必須と思うのが以下の3コース

  • F1モナコGPコース
  • ル・マン サルト・サーキット
  • インディアナポリス・モーター・スピードウェイ

この3コースは、世界3台レースに数えられるレースイベントが行われるコース。なので有名すぎるぐらいのコースなわけだ。
F1モナコGPのコースは、高級スポーツカーでぶっ飛ばしてもいいと思う。
サルト・サーキットは、改修前と改修後の両方を収録してもらいたい。400km/hを超える速度でバックストレート区間を駆け巡りたい。
インディアナポリスは、Indy500の舞台となるコースだが、近年ではインフィールド区間を利用したF1も開催されていた。従ってオーバルコースとインフィールドを含めた2パターン収録可能だ。

ほぼ必須と考えていい有名コースと言えば以下のコース

  • 鈴鹿サーキット
  • モンツァ・サーキット
  • スパ・フランコルシャン
  • ニュルブルクリンク
  • ラグナセカ

鈴鹿は日本人におなじみのコース。モンツァはフェラーリのお膝元のコース。スパ・フランコルシャンは24時間耐久レースで有名なコース。ニュルブルクリンクの北コースは、24時間耐久レースも開催される古いコースで、自動車開発のテスト場としても有名。ラグナセカはコークスクリューで有名なコース。

レースサーキットではないが、有名なコース

  • TOPGEAR テストコース
  • VW テストコース

TOPGEARファンにはおなじみのタイムアタックで使用されるテストコース。今度のGT5には収録されているとか。
VWテストコースは、Buccati Veyron 16.4 が世界レコードをたたき出したオーバルコースを含むコース。直線区間は9kmに及ぶ。

あとは市街地コースと、実在でも非実在でもどちらもでいいけど、ターマックラリーに使えそうなコースを峠道でお願いしたい。

収録する車に関して

これを収録してと挙げたらキリがないので、要点だけまとめておくと、収録台数を競うのはいいが、ただの年式違いだけで1台とカウントするのはどうかと思う。またS14シルビアを例に挙げれば、Q’sとK’sで別扱いするのもどうかと思う。選択肢が増えるのは悪いことではないが、購入時に目的の車にたどり着きにくくなるというデメリットも現れてしまう。

個人的には収録車種は増やさなくていいが、ディテールをしっかりやってもらいたいという所。

車のカスタマイズに関して

チューニング系のカスタマイズはあまり詳細にやってしまうと、カジュアルなユーザーはついていけなくなってしまう。特にセッティングの項目がそれにあたる。ある程度イージーなセッティング方法を実装しつつ、マニアックな人向けに詳細なセッティングが可能なUIを実装してもらうのがベストかなと思う。

以前のGTシリーズにあった、市販車のレーシングモディファイは、個人的にはアリ。プライベーター感が出て好きなんだけど、あれはなんでなくなってしまったんだろうか。復活を望みたい。

一方、Forza2で実装されたデザインの実装であるが、あれは素晴らしい。そしてユーザーによって素晴らしいデザインが提供され、それがネットワークを通じて流通するというシステムは賞賛に値する。しかし、欠点を挙げるとするとやはり、図形を組み合わせてグラフィックを作り上げる作業は非常に面倒である。出来ることならPC上で作業してネットワークを通じて流通させる方向でなんとかならないものだろうか。
そうすることでより一層素晴らしい作品が生まれていくと思う。

レースに関して

特にレーシングシミュレータを謳っているわけではないわけだけども、1レースのシミュレートという観点で言えば、タイヤ交換のタイミングや頻度が実際のレースに近い感じを出してもらいたい。そういう意味ではレースのレギュレーションについてもう少し厳格なところを実装してもらうのがよいと思う。例えばイエロー区間があるとか。あまりにヒドイ運転をするとブラック振られるとか。

またレースに参戦するAI車の台数はもっと増やしてもらいたい。16台とか。
そして、AI車同士もオーバーテイク合戦を演じてもらいたい。
ピット戦略が立てられるようなレース設定を是非とも実装してもらいたいところだ。

今のレースゲームではこのあたりが非常に弱々しい。

以上の事が改善・実装されたらそれは神ゲー

今日のところはこれまで。