はやぶさのお使い成功 – イトカワの微粒子を持ち帰ってきてた

JAXA はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について
http://www.jaxa.jp/press/2010/11/20101116_hayabusa_j.html

なんともめでたいニュースであるわけだが、はやぶさについて一番盛り上がったのは「はやぶさ帰還」時であり、それから時間が経つに連れ人々の関心は薄れていき、どこまでの人が「はやぶさ」のミッション成果に関心を維持していたかというと、必ずしも多くはないという印象を持つ。

イトカワからのサンプルリターンは、「はやぶさ」の数あるミッションのうちの1つであるが、その成果・結果の判定が今回進んだというものだ。

実は、イトカワを構成する物質は「ある程度」推測されていて、言い方を変えると「分かっていて」、今回のミッションはそれを確認するという意義がある。
今回の発表時点で「はやぶさ」が持ち帰ったサンプルが、「地球外物質」であるということ、持ち帰ったサンプルがだいたいこういう物質であるという事まで判明している。
今後はより詳細なサンプルの調査(電子顕微鏡で覗きつつマニュピレーターを操作するような高度な技術を必要とするとのこと)が来年に進む予定とのこと。

なお、「はやぶさ2」に関しては現在微妙な情勢。
個人的にはやって欲しいなぁー。