新生Hellgateは大丈夫なのか?

今から約3年前、Bill Roper率いるFlagshipstudioが開発したHellgate: Londonがリリースされた。Bill Roperについてはここを見れば輝かしい実績がわかるはず。

あのBill Roperが作った新作ゲームだっ!ということで、2007年最大の期待を寄せていたゲームであったが、DVDに収められていたゲームのバージョンは1.0ではなく、0.1という状態であった。当然、フタを開けて見れば、バグは多数満載。コンテンツが一部未実装。とリリース直後は非常に残念な結果となってしまったわけだ。それでも月額有料(確か月10ドル)を払い続けていた私は、お布施によっていつかよくなっていくはずだと信じていた、いや願っていた。リリースから3ヶ月後だったろうか、大型パッチによりコンテンツが追加され、バージョンはようやく1.0になった。ここまではいい。しかし、その半年後、Hellgate: Londonはサービスを停止する運びとなった。

簡単に言ってしまえば、Bill Roperはゲームを作る能力は優れていたが、会社を経営する能力はなかったということだろう。

さて、Hellgate:Londonの資産を引き継いだHanbitであるが、韓国ではサービスを続けていたという話だったと記憶している。
そして、そのHanbitが今年になってようやくHellgateを日本でサービス展開するということになった。
クローズドベータが、11月3日~7日までの5日間行われる。

事前に応募が必要で、面倒だったのでスルーしていたが、友人の”ゆ。”が応募に当選したということで、フレンドアカウントをもらってクローズドベータに参加してきた。

以下、その感想と今後の展望

まずクライアントを起動してメニュー画面が表示されたときに思ったことは、「なにもかもが懐かしい」という事。そうあの鐘の音で軽く興奮を覚えるわけだ。とりあえずどんな具合に変わったのか確認したかったので、一番プレイしていたであろうクラスである、エンジニアでプレイすることに。

キャラクターを作って、チュートリアルが始まるわけだが、「あれ?これって、Hellgate:Londonとまるっきり一緒?」と感じたわけだが、最初のチュートリアルマップの次のマップは見覚えがない所だった。そこが恐らくパッチ1.5で実装されたエリアという事なんだろう。(USではパッチ1.2までしか出ていない。1.5が存在するのはKRのみ)
そして次のマップに進むと、やはり今度は見覚えのあるマップへ。Hellgate:London最初の駅がそこにあった。唯一違うところと言えば、義足を探し来てと願う子供の名前が、Wartじゃなくてケビンであることぐらいだろうか。(このネタがわからない人は、Bill RoperのWikipediaの記事を参照した上でWirt’s Legとかでググれ)

ゆ。と二人でパーティーを組んでクエストを進めていたが、基本的にはHellgate:Londonと同じである。
ところどころ、一部クエスト構成が簡易化されているところなど見受けられたが、全体を見ればほぼ一緒と思ってもらって良いと思う。(例えばACT3最後の汚物を排除して先に進み、ボスを倒すクエストはなくなっていた。非常に優秀なファーミングポイントであったが)

大きな変更点と言えば、インスタンスの難易度を変更出来るというところだろう。
通常の難易度ノーマルだと、あまり良いアイテムはでないが、難易度をナイトメアにすると敵は強くなる(硬くなる)が、アイテムドロップがよくなる。難易度ヘルだとさらに敵が強くなるが、アイテムドロップはナイトメアよりもさらによくなるという具合だ。
ソロでも難易度ヘルで進めるのは可能だが、殲滅速度がすこぶる遅くなるので、ゲームの進行速度を取るか、アイテムを取るかは個人の戦略次第だ。5人パーティーでなら、さほど苦にならないかもしれない。

インスタンスの難易度が変更出来ることに伴い、Hellgate:Londonであった2周目がなくなっていた。これは、私はプレイして2周目がない事を確認済み。レベルキャップはHellgate:Londonと同じ50であるが、Hellgate:Londonではレベル30ぐらいで1週目をクリアして、2周目からが本番ということなのだが、新生Hellgateでは2周目がなくなってしまったので、いったいどうするのだろうかという印象が強い。

また、ストーンヘンジの入り口は確認出来たが、封鎖されたままで入ることは出来なかった。有料で入れるるようになるのかもしれないが、、、、。

実際問題、ラスボスがいるエリアの敵のレベルは30であるし、それ以上強い敵を求めるには、パッチ1.5で追加されたという拠点防衛と追憶の神殿の2つのコンテンツに流れるしかない。

まだ課金アイテムなどの詳細は発表されていないが、どうにも心配になってきた感じがある。

ちなみに、クローズドベータが終わった直後からオープンベータに移行するという話があるようだが、真意の程は如何ほどだろうか。もし本当なら、11月18日までHellgateをプレイしようと思う。

※11月18日はCall of Duty: Black Ops 日本発売日です