Darksiders短評

以前に、Amazonで投げ売りしていたXBOX360版を確保していたわけだが、今年のSteam Holiday Saleに登場してしまったので、こちらも確保し、PC版をプレイしてみた。

まだ中盤に入ったところまでしかプレイしていないので、的はずれな所もあるかもしれないが、そのつもりで。

特に予備知識なしでプレイして感じたことは、和ゲーテイストに溢れているということか。
特に、Devil May Cryに影響を受けているのではないかと感じる。

ただDevil May Cryはスタイリッシュさをキーワードに、スピード感がもっとあったと思うが、こちらはあまりスピード感を感じることはない。どちらかと言えば、重厚な感じを出したいのかもしれない。どちらかというとガチムチな主人公がでかめの剣をふりまわし、敵をなぎ倒していく。このあたりは、欧米文化の影響が出ているような気がする。
ゲーム進行にはジャイアント・パズルの要素も付け加えられており、ちと頭を使う必要があるのは、ゲームにメリハリがついて正解だと思う。

で、面白いのかと問われれば、普通のアクションゲームな気もするし、取り立てて褒めるところもない。
メタスコアはそこそこ高いようだが、私としてはそこまでの評価は下せない。せいぜい70点といったところ。

この70点という評価は、当初よりは評価上がったほうで、XBOX360版のデモをプレイしたときは50点ぐらいの評価でしかなかった。20点の差は何かといえば、なんとなく開発のやりたいことが伝わってきたという事。

ゲームのボリュームとしては、20時間前後のボリュームはあるらしいが、本当だろうか。せいぜい10時間ちょっとな気もするが、そこは人によるだろう。またコンプリートを目指すというのであれば、もっと伸びるのかもしれない。
難易度としては若干高めに設定されているように感じる。と言っても、Devil May Cryシリーズに比べると、同等ぐらいな難易度だ。

お薦めできるかと問われれば、お勧めはしないが、安いしやってみたいって人はやってみればいいんじゃないでしょうか。

DARKSIDERS(ダークサイダーズ)  ~審判の時~ DARKSIDERS(ダークサイダーズ) ~審判の時~

関連商品
ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~
Dragon Age:Origins 特典 『DragonAge:Origins』旅立ちの書付き
Xbox Live 3500 マイクロソフト ポイント カード【プリペイドカード】
クウォンタム セオリー (リミテッドエディション: コンセプトアートブック、サウンドトラック、オリジナルキャラクターダウンロードコード同梱)
Forza Motorsport3 Ultimate Edition
by G-Tools