3月も購入予定ゲームが多すぎて困ってしまう件

例年だとゲームの発売は9月から11月に集中するのだけど、どうも最近は混み合う9月から11月を避けて、年明けにリリースを持ってくるという流れが多い気がする。単純に間に合わないだけかもしれないけども。

んで、今年の3月も結構大型タイトルが多かったりする。

RTSでは、Warhammer 40K: Dawn of War IIのスタンドアロンな拡張みたいのが出る。優先順位は低いけど、まぁー買うはず。ちなみに、従来はGames for Windows Liveに対応していたけど、今回からはSteamworks対応に衣替え。みんな大嫌いだなGfWLは。

小物ではあるけども、個人的に超期待しているのが、Dungeon Defenders。いちおう今月でるはずなのだけど、正確なリリース日が不明なのがなんとも。ゲームとしては、タワーディフェンス+TPSスタイルなRPGチックなゲーム。
スクリーンショットを見る限りキャラクターデザインとか画面の印象が物凄くTorchlightに雰囲気が似ている。
4人COOPができるので、というかそこがミソなので、PC版を買うべきか、XBLA版を買うべきか悩ましい。両方という選択肢もあるっちゃーあるが、XBLAで買うとなると北米タグで~って事になりそうだから、とりあえずPC版で行こうかと思う。

15日には2本、1つはHomefront。もう1つはTotal War: Shogun 2
Homefrontのほうは、CS機で日本語版が出るが、金一族が省略されるなどストーリーの根幹を省いてしまうという暴挙に出たので、PC版しかありえない。ま、FPSだしな。PC版でやるのが正解だよね。
Steamで買うと思うけども、今のところ発動はしていないが、”おま国”だったりRed Faction: Guerrillaのような事が起きないとも限らないので、正直不安ではある。

Total War: Shogun 2は、期待の一本ではあるけども、このシリーズ実は私にはあっていないw
なので、優先順位はそれほど高くないけども、確実に買うことは間違いない。
ローカライズプロジェクトが立ち上がれば、参戦も考えるぞ

3/17にはDragon Age: Origins日本語版の拡張DLCがリリースされるようで、これもやっておかなきゃなーと思ってる次第。ちなみに、海外では来月にDragon Age 2が出るけど、英語が難しいのでとりあえずスルー予定。
セールで安くなったときにでも考えるか、どうせまた拡張いっぱい出るだろうし、日本語版を待つのもいいかもしれない。

3/23にはCrysis 2が出る。当然PC版のベンチマークプログラムを購入予定。が、今のPCでどこまで戦えるのか、不安で仕方ない。Steam経由で買う予定だが、今のところ言語表記に日本語が入っているという事になっている。怪しい、非常に怪しい。前作のCrysisCrysis Warheadは、Crytekの意向でSteamでも日本から買えるようになっていた。ま、日本語版じゃなくて、マルチ5版だったはずだけども。今回はそうではなさそうなので、どうなんだろ?パッケージ版はマルチランゲージで日本語関係が入っているのかもしれないが、Steam版は怪しいなぁー。まぁー最悪EADMに登録すれば日本語版が手に入る可能性は十分ある。ところで、今回は吹替えなのかね?若本ボイスはあるのかね?まーないよな。若本ボイスは。

最後にもう1つ、TROY無双。このネーミングセンスがシュールすぎるわけだが、今回のTROYは無双と名が付いているけども、オメガフォース開発じゃないんだよね?海外のスタジオだとかなんとか。というわけで、従来の無双シリーズとは異なるゲームになっていると期待している。
評価が定まってから手を出してもいいんだけどもね。

あと他にもなんかあった気がするけど、思い出せないのでとりあずこんなトコロ。
最優先は、Crysis 2とHomefrontとDungeon Defendersかな。後は追々でもいいかもしれない。