自宅ファイルサーバ一歩前進

なんだかんだで、自宅のファイルサーバ計画が全然進んでいない現状があるわけなんですが、ちょっとだけ前進しました。

安鯖に2TB HDD×6でRAID5で、ブートはCFカードとか。
マルチポートプライヤ対応カードとケースで、RAID5やらRAID6とか。
まーいろいろ考えておったわけですけど、メンテナンス性があまりだよなーとも思いつつ以下のような構成に落ち着きそうです。

なんつーか、超普通wwww
eSATAで繋いでるだけじゃん的な。まーおっしゃるとおりです。

HDDケースには、これを選択。

アマゾンは在庫切れだったので、ドスパラWebにて注文。購入時で26000円ほど。
いちおうRAID機能はついていて、3TBのHDDも認識するよって品物ですが、コストパホーマンスの観点から言って2TBで行こうかと思ってます。ま、2TB×5(RAID5)でも8TB確保できるし。
まー耐久性に関して言えば怪しい物がありますがね。。。

とりあえず、HDDケースは購入しましたが、HDDの注文はまだ出していません。ええ。
まずは手持ちのHDDからデータを復旧させることのほうが重要だったりするので。
HDDの発注は月をまたいでからと思っていますが、如何せんどのHDDにしようかお悩み中だったりするわけです。

ここ最近買った実績から言うとWestern DigitalのWD20EARSは初期故障率の高さから今回は遠慮したいところ。何本か購入しましたが、2本ほど壊れてます。初期故障期間を超えたものに関しては、今のところ元気に動いていますが、初期故障率がねぇ。。。高いのですよねぇ。。。
というわけで、今回は別のにしようかなって思っていたり。

用途はファイルサーバで、とりわけ速度が必要なわけではないので、今回はSeagateのST2000DL001あたりを狙っています。まだ出たばかりで、レビューが少ないわけですけど、結構静かということなのは確かなようです。ただ、SATA3対応製品なのに、SATA2でしか接続できないというファームウェアのバグがあるそうですが、どうせ今回のHDDケース内部はSATA2なはずなので、あんまり関係ねーかなーなんて思ってます。

で、とりあえずはHDDケースにHDDつっこんで、メインPCに接続しようと思ってます。この時点で、ファイルシステムはNTFSにほぼ確定なわけです。だって安鯖の調達が間に合わないんだもん。

で、安鯖には何がいいかなーって思っているわけなんですが、通称「鼻毛鯖」は瞬殺されちゃったし、富士通のPRIMERGY MX130S1は売り切れちゃったし、HPのProLiant ML110 G6はちょっとうるさいという話だし、あと出来ればWindows 2008 Server Foundationがついたやつがいいなーなんて思っていたり。
省スペースの観点からは、PRIMERGY MX130がよさげなんですが、Windows 2008 Server Foundationがついたやつ出てこないかなー?あれば即ポチなんだけども。ちなみに、けっこう静からしいっすよ。

で、安鯖導入して安定しだしたら、今度はデータのバックアップも考えないとだめだよねって話になるんだと思うわけです。
一番簡単なところで考えると、HDDケースのセットをもう一つ追加で、定期的にSyncかけてやればいいわけです。

この構成なら、どこかに障害が出ても対応しやすい(金銭的にもダメージが少ない)わけです。

これとは別途、他の拠点にデータバックアップを持つことになるので、データの冗長性という観点から言うと、個人レベルならこれで十分ではないかと。

安鯖の調達が遅れるようだと、そのままメインPCに接続して終わってしまいそうな感じではありますが、ひとまずは8TBのディスクスペースを埋める作業に没頭しようかと思います。