復活比例当選の議員は、離党時に職も剥がされるべきだよね

共同通信 via 47news
民主・横粂氏が離党届提出 首相の震災対応へ不満

自民党のニューホープである、小泉進次郎に負けたけど、復活比例当選した横粂議員は、離党届を提出したぞというニュース。
離党理由は、【「政党政治」や「議院内閣制」に限界を感じた】だそうだ。
ま、民主党本部は「意味分かんない」という感想らしい。まぁー感想としてはそんなものかもしれない。

正直、横粂議員に興味余り無いし、彼が当選からこれまで何をしてきたか見えないもので、評価が出来ない。
同選挙区で、ついでに同じ歳の小泉進次郎議員とどうしても比較してしまうが、どう考えても小泉進次郎議員の前では霞んでしまう。

ま、民主党の1年生議員なんて、だいたいそんなものだとは思うが。

で、まだ正式に離党には至っていないようなので、「やっぱ離党やめましたー」みたいな展開が待っていたりするのかもしれないが、ここは離党するという前提で話を進めたい。

復活比例当選した議員が離党するという事自体は、さほど珍しいことではない。
大物だと、与謝野馨議員がそうだ。彼が離党した時も同様の議論があった。それは、「自民党として復活比例当選したのだから、離党するなら議員も辞するべき」というもの。至極、正論ではある。

今回も同様の意見が挙がっているが、当然だろう。

議員としては、辞職なんてしたくないわけだから、当然ながら議員辞職はしないだろう。
でも、有権者は議員辞職が妥当だと考えている(と思ってるけど、違うのか?)。

であるならば、ルールを変えていくしかない。具体的には、公職選挙法を改正するという事になると思うが、政党としてもメリットはあるわけだから、今後も同様の事例が増えていくと、ルールに盛り込まれる可能性は十分にあるかな、と。

公職選挙法改正には、ネットでの選挙運動を盛り込んだ改正案があったが、それは流れてしまった。今は、震災対応で公職選挙法改正どころじゃないので、スルーされまくっているが、最低でも次の衆議院選挙までにはなんとかしてもらいたいものだ。