darksporeの感想を書いてみる

はじめに

ここ数日、ゲームといったらdarksporeしかプレイしていないわけですが、お陰さまでsteamのEA Saleを逃してしまうという失態を演じてしまったわけです。
dragon ageのセールは参戦したかったのだけど・・・

それはさておき、darksporeの感想を書いてみようかと思います。

現時点でどれだけプレイしたかという事を先に書いておきますと、プレイ時間で25時間程度で、ソロプレイしかしてません。(一緒に遊んでくれるフレンドがいないんだもの・・・)
ステージは8-1まで進みました。そこで詰まってますです。

で、あまり注目を浴びていないゲームのようなので、どんなゲームなのかを簡単に書いておこうかと思います。

どんなゲームなのか

基本的にはdiabloを基調とする、斜め見下ろし型のアクションRPGで、Hack&Slashの系統に属するゲームです。世界観としては、Sporeで進化した後半のような世界で、母艦から他の惑星にちょっかい出しに行くような、そんな感じになってるかなと。あまり世界観とかには興味を示せないので、ちと違うかもしれません。

ハクスラの系統と書きましたが、他のハクスラとは異なる点がいくつかあります。

  1. ゲーム開始時に操作するキャラクター(ヒーローユニット)を作成するわけではない
  2. ヒーローユニットの強さは装備するパーツによって全てが決まる
  3. ヒーローユニットのレベルは経験値を獲得して上がるものではなく、装備したパーツによって評価された値でしかない

したがって、レベリングという作業は当面ないにしろ、アイテムの強さ=ヒーローユニットの強さということになるので、アイテムファームが非常に重要になってくるわけです。

また、ヒーローユニットのスキルは固定であり、スキルツリーというものはありません。あくまでヒーローユニットを入れ替えつつ戦っていくというゲームです。

細かく分割されたステージ構成

1ステージはだいたい10分~20分程度で終わるようにデザインされているようです。さっくり進めれば10分未満でクリア可能ですが、じっくりプレイしていると20分とかかかってしまうような事も。なので、ちょっとだけプレイと思って、1ステージだけプレイというのは遊びやすいような気もします。

マップはランダムではなく固定ですが、ステージ毎にマップが固定ではなく、ステージ開始前にランダムでマップと敵の配置が決定されるようになっています。なので、同じステージでずーっとファームしてても、ずーっと同じマップということはないわけです。

ですが、マップの種類はそこまで多いわけではありません。数少ないマップからランダムに選択されるという感覚です。

chain leveling

レベルと書いてますが、キャラクターレベルやプレイヤーレベルの意味ではなくて、ステージを指します。誤解を招きやすいので、以降ステージで通します。

ステージクリア後に、レアアイテムを貰える抽選があります。レアアイテムを貰える確率は、ステージのクリア評価によって決定され、100面ダイスによって貰えるアイテムが決まります。

貰えるアイテムのベースレベルは、ステージ難易度毎に決まっていて、高難易度ほど良いアイテムを貰えると思ってもらって構いません。

ステージクリア後、アイテムを貰うか、そのまま続けるかという選択肢が出てきます。アイテムを貰うを選択すると、アイテムを貰って、そこでいったん終了になります。一方、そのまま続けるを選択肢た場合、アイテム抽選は一旦おあずけになり、次のステージに進めます。一旦おあずけになった抽選権は、次のステージクリア後に抽選可能になるのですが、アイテムレベルは次のステージのものに合わせられるので、効率よく高レベルなアイテムを収集することが可能になります。また、レアアイテムを得る確率も増すようです。

もちろんこれにはリスクも伴います。チェインレベリング中に、ヒーローが全滅してしまった場合、抽選権はすべて失います。したがって、後述する種族相性で分が悪いなら、チェインレベリングをやめて、アイテムを貰うという選択肢をとる必要が出てくるかもしれません。

ヒーローの種族相性問題

基本的にこのゲームでは、敵と同種族だと相性が悪くて、被ダメージが増大してしまうのです。ステージに登場する敵は最初に分かるので、それに合わせて出すsquad(分隊)を決定します。

1分隊は3ユニットで構成され、3分隊まで作成可能です。
敵との相性を考えて、分隊を3つ作成するべきです。

これがこのゲームでもっとも重要な事かもしれません。

分隊作成の基本は、海外フォーラムを見ているとまだ定まっていないようで、3ヒーローすべて同じ種族にするのが基本だとする意見と、それはリスクが高いから、2-1でヒーローの種族は2種類にすべしという意見が見受けられます。

私は後者の意見を採用しています。アンチ属性の付いた敵が登場すると厄介だからという理由です。私の考えでは、2-1スタイルがスタンダードになるのではないかと思います。

爽快感が得られにくいハクスラ

個人的感想を言えば、難易度はけっこう高いと思います。それなりによい装備をしていないと、先に進めないようにデザインされている結果だとは思いますが、それが爽快感を失わせる原因の1つかなと。

もうひとつ原因を挙げると、雑魚といえども”ウザい”敵が多すぎる点があります。
体力が半分になると一定時間無敵になる敵や、ヒットアンドアウェイで高速で動き回る敵などが普通に登場してくるわけです。

ただ単純な動きをするだけの敵しか出てこないと、それはそれでぬるすぎるといった批判が出てくるもの事実で、このあたりの匙加減は難しい物がありますね。

とても使いづらいマルチロビー

CO-OPがメインのゲームだと冒頭書きましたが、ロビーが物凄く使いづらいのです。
これは、予めパーティーを組んでから、出撃するという仕様上の問題があって、いわゆる部屋を作って誰でも入ってこいよ~、的な作りになっていないわけです。

また、ロビーは物凄く小分けにされている感じがします。
先ほどプレイしていたとき、ロビーには80人ほどでしたが、ロビー#は1200ぐらいになっていました。1200×80で10万人もいるのか?と疑問に思いましたが、具体的に接続数はよくわかりません。

80人ほどの人数だと、目標を同じにするプレイヤーがいるとは限りません。
まだ序盤の人もいれば、かなり進んでいる人もいるわけですから。

このあたりもう少しなんとか出来なかったものかと思いますね。

まとめ

ハクスラとしては、そこそこの完成度はあるけども、奥深さという点で言うと、非常に浅い感じを受けます。
これは比較的単調化された、ヒーローのステータスや、スキル構成だったりが原因かと。

根本的なところでつまずいてしまっているので、ちょっとやそっとの改善で治るものではないとは思いますが、もうしばらく続けようかと思います。
他に急いでやらなきゃいけないゲームもないしね。