そろそろsteamでの「おま国」が緩くなる方向に進もうとしているのだろうか?

私が2chでよく見る板といえば、PCゲーム板、およびPCアクション板なわけだけど、twitter始めるようになった頃から、2chってほとんど見なくなっちゃったんだよねー。

そんななか暇だったので、PCゲーム板の「国産PCゲームはなぜここまで盛り上がらないのか」というスレッドを見ていたら、Steamスレからの転載でこんなレスを発見した。

2K社員がsteamでの国別の売上言ってるけど日本がやばいらしい
一昨年は日本が全体の4%で去年は全体11%
売上伸びるからおま国やめて日本でも売るようにしたのかもな
社員も7%も伸びるのはクレイジーって言ってた

Steamスレでもそこまで話題になっておらず、元ネタはどこだよっつー話が出ておらず、ちょっと調べてみても出典がよくわからなかったので、話半分ぐらいに受け止めるとしても、個人的には喜ばしい流れとみていいんではないのかな、と。

この数字を信用するとしても、代理店経由での売り上げより、steamで直接売った方が売り上げが上がるというデータではないので、そのあたりがはっきりしないと手放しに喜べないわけだが、実際にそうだという仮定の下で考えれば、他のパブリッシャーも追従していくことが自然の流れでしょう。

Besethdaあたりもその流れに乗っていて、Skyrimは国内でCSが20万、PCが10万という話らしい。それが代理店を経由して、「それどこで売ってるんですか?」状態だと、10万という数字は難しかっただろう。ってか、本当に10万も売れたんすか?360版よりも出てるって事になるよね?

Steamで販売を行う、大手海外パブリッシャーを考えていくと、THQ、UBI、EAといったところだろうか。UBIはsteamに来た頃から、さほど「おま国」ってのがなく(一部タイトルではあるけど)、ローカライズもされていないそのままのPC版をsteam経由で販売している。

EAはEAJの絡みもあって、steamで日本からはほとんどのタイトルが買えないが、EA本体もsteamから離れる傾向にあるので、ここはなんとも言いがたい。

さて、経営がお寒い状況のTHQであるが、ここは「おま国」常連ですね、と。日本法人も撤退してしまい、今後の状況はどうなるのやらという感じですが、Saint Row the Thirdの状況を見る限り、日本語リソースを含めないでSteamで販売していく方向なんでしょうか。日本語版は、日本国内で代理店でのローカライズによる流通のみという流れでしょうかね。

それ以外のパブリッシャーというと、Activisionがありましたね。実にF○CKIN’な状況が続いております。しばらくはこの流れが続くのでしょう。動きがあるとすれば、Activisionとスクエニの関係に変化が出たときでしょうが、希望が持てません。