マウスをRazer DeathAdder 3500 Black Editionに交換しました

ブログの記録を見る限り、おそらく2010年12月からRazer DeathAdder 3500というFPS向けゲーミングマウスを使っておりましたが、マウスホイールの動作不良により交換する羽目になりました。

Razer Deathadder 3500 エルゴノミック ゲーミング マウス 【正規保証品】 RZ01-00151400-R3A1
Razer Deathadder 3500 エルゴノミック ゲーミング マウス 【正規保証品】 RZ01-00151400-R3A1
RAZER 2009-11-26
売り上げランキング : 462

Amazonで詳しく見る by G-Tools

享年1年ちょっと。他の部分の動作はなんら問題がないのですが、マウスホイールは結構重要な役割を果たすので、ないと不便です。ゲームにも支障が出ます。ということで、今度はどのマウスにしようかと思い悩んでいたわけですけど、結局これにしました。

Razer DeathAdder 3500 Black Edition エルゴノミック ゲーミングマウス 【正規保証品】 RZ01-00152400-R3M1
Razer DeathAdder 3500 Black Edition エルゴノミック ゲーミングマウス 【正規保証品】 RZ01-00152400-R3M1
RAZER 2011-04-28
売り上げランキング : 682

Amazonで詳しく見る by G-Tools

同じものじゃんって無粋な突っ込みは無用です。基本的な設計部分は同じですが、詳細部分は若干異なります。以前使っていたDeathAdder 3500(以下、無印)は表面のコーティングの関係で、手垢が付着しやすい傾向にありましたが、DeathAdder 3500 Black Edition(以下BE)は表面コーティングが変更になっていて、手垢が付着しにくくなっているらしいです。さっき取り替えたばかりなので、実際のところはわかりません。

それから、変更点といえば、無印は内部に青色LEDが組み込まれていて、Razerのロゴとホイール部が青く光るのですが、BEは光りません。LED自体取り除かれているのでしょう。はっきり言って、マウスが光るとか意味ないので、不要なものです。マウスが光ってるからって、相手に撃ち勝つ事ができるのか!?そんなわけありません。相手に撃ち勝つには、敵の行動予測と正確なaiming、それを支える正確なtrackingが重要になるわけです。

センサー部分は無印とBEでは替わっていませんので、性能的な部分はなんら替わりません。むしろ替わってもらうと困ります。プロのFPSプレイヤーだって、どんなに性能がよいマウス使っても、使い慣れたマウスが一番良い成績を残します。使い慣れたデバイスが一番だっての。

ちなみにこのマウス、ゲーミングマウスとしてはそれほどでもありませんが、家電量販店なんかで置いてあるマウスに比べると若干高価であることは間違いありません。実売価格で5000円~6000円ってところでしょうか。私はアマゾンで5500円ぐらいで買いました。ま、PCゲーマーならヒューマンインターフェースに金をかけて当然でありますから、これぐらいの出費はたいしたことはありません。むしろ「安物買いの銭失い」でストレスためる方が不健康ですよ。

もうひとつ、無印は青く光るため、会社なんかで使ってると、なんでこれ光ってるの的な目で見られる事は間違いないのですが、BEの場合は光りませんので、会社で使っていても一見して「ちょっと使いやすそう」なマウスで変な目で見られる事はないでしょう。

最後に、マウスホイール部分についてですが、若干の不安は残ります。無印と基本的な部分は同じなんだと思うんですけど、無印の頃はスクロール行き過ぎとか、勝手に戻るとかという現象もあって使いづらい部分があった上に、なにやら引っかかるような動きもあったので、BEも同じじゃなければいいなーとは思っています。どうでしょうねー。これは使っていかないとわからないでしょうね。

さて次は、マウスパッドも交換するかな・・・