今日から始めるMount&Blade Warband の続き1

またfraps起動しわすれていた私です、ども。今週末はM&B三昧でした。いやースルメゲーですね、これ。

(blogの)前回の終わりでは、仕官予定でしたが、しばらくして山賊、海賊、林賊の少数部隊相手を苦にしなくあったあたりから、ノルドの国に仕官しまして、ノルドの王の下でお仕事お仕事。主なお仕事は元帥からやってくる帯同指示・・・ではなくて、他国の侵略および他国軍隊の殲滅であります。

仕官するにあたり、村を1つ所領として与えられるので、そこからの収入に期待しつつ、兵力を拡大するために、村から募兵して、50人規模の軍隊に。

と、同時に賊退治も楽になったので、そこからの略奪による収入が大きくなり、部隊維持どころかそれ以上の収入になってきました。

ここで、安定した収入を確保するために、生産小屋に手を出してみることに。
生産小屋というのは、各地の都市と友好度が高い時(友好度がプラスならOKっぽくて、その都市を所領している諸侯との関係がマイナスじゃないが条件っぽい)に、都市のギルド長を通じて土地を買い、生産施設を建てられるというもの。生産した物資はその都市でそのままうっぱらってもいいし、ストックさせて自分で売りに回るというのありとのこと。当然、後者は面倒であるので、普通は前者の放置してても収入がある方を選択します。

で、wikiにはビロード小屋最強説が書いてあったりしたんですけど、どうやら現在のバージョンではそうではないらしい。むしろビロードは赤字に陥りやすいので、ほかのを建てた方が無難であるという結論に達しました。

で、各地に小屋を建てていったんですが、戦争が始まると他国領に建てた小屋からの収入は途絶えてしまうんですね、失敗だった。というわけで、考え方を変えて、他国に建てた小屋を保護すべく、他国の都市を我が領土にしてしまえばいいじゃない作戦を発動です。

だいたい80人規模の軍隊で、どれも高レベルユニットに育ったところ、ほとんど味方のユニットが死ななくなりました。ゲーム難易度を上げていけばそうではないんでしょうが、難易度はデフォのままでいじってません。わかったことは、ハスカールつえーwww

そんな強いハスカールを従えて、攻城戦です。敵の城は守備隊が200~300ほどいるわけですけど、はしごをかけての侵入するにあたり、進入路は1つになるわけです。で、敵は弓矢をがんがん向けてくるわけですけど、盾で防いでいればどうということはありません。で、攻城戦では野戦と違い、敵との相対する面積が大幅に異なるのです。通路に敵と味方が接する面積はものすごく限られるので、数の暴力を受けにくく、単純にユニット能力の高いほうが有利なのです。

というわけで、けっこう余裕で敵の城を落とせるということがわかったので、落とした城と都市は我らが王に、「俺が落とした城くれ」とのおねだりしてみると、けっこう簡単に通りました。そして収入レポートを見て愕然。毎週3000とかの収入があるんすけど。

wikiには所領の収入に関して、城は守備隊の雇用費が馬鹿にならないから、収入面でプラスにはならないとありましたが、バージョンの違いなのか、それともMODの影響なのかわかりませんが、大きな収入になっている事は確かです。

それまで毎週のように赤字だった収益も一気に改善され、より安定した部隊に成長。その後、2つめ3つめの城を確保すべく、単独部隊で城を落とし、王様におねだりしたところ「おまえもう十分もってんだろ?900円やるから我慢しろ」的な事言われ、900円って。。。

というわけで、ここである結論に至ったのです。
独立国を宣言してやると。

次回に続く