うっかりWordPressをアップデート そして ちょっとはてなの話

WordPress 3.3.1のアップデートが来ていることは重々承知だったのですが、プラグインの関係上WordPress本体のアップデートはスルーしておりました。正確には、プラグイン関係の適合バージョン調べるのめんどくせーから放置していた、、、というわけなんですけど、さきほどうっかりミスで、WordPress本体のアップデートを走らせてしまいました。

WordPress本体も、適切に設定されていればWeb上からアップデートが可能なわけなんですけど、かつては推奨されてはいなかった行為でしたが、最近はどうなんでしょう?私は昔からWeb Browserからアップデートを走らせてましたけど、痛い目に遭ったことはないです。

さて、今回のアップデートで何が変ったのか。管理画面のツールバーが変ったとかあるみたいですが、Windows Live Writer使うようになって、管理画面を開く理由がほとんどなくなったので、正直アップデートに興味が持てませぬ・・・

まぁーなんですかね、weblogをという枯れたサービスを提供するためのweb applicationとして、WordPressもこなれてきたし、coreな部分はこれ以上発展していかないと思うわけですけど、今後はどうなっていくんですかねー?

で、ブログで思い出したのですが、最近はてな周りが騒がしかったようで。私個人は、はてな関連のサービスを一切使っていない人なので、はてなって結局なんなん?みたいな状態なんですけど、はてなブックマーク、はてなダイアリーあたりが主力サービスって事になるんでしょうか。

ブログサービスとして、はてなブログなるものがあるわけですけど、これ評判わるいですね。私は使っていないから具体的なことはわかりませんが、使っている方の記事を見ると、どうもブログという枯れたサービスの実装のはずなのに、必要な機能がそろっていない、と。どういうことなんでしょうかね?

ブログを始めるに当たり、とりうる選択肢は大きく2つ。自前でサーバを用意してブログ用アプリケーションを導入・運用していくケース。もうひとつはlivedoorなどブログサービスを提供しているところを利用する。個人レベルでは、多くの人は後者を選択するものと思います。選択肢も豊富にあり、一長一短あるようですが、わざわざ「はてなブログ」を選ぶというのはなかなかないのかな、と。

ってか、ここまで書いて「はてなダイアリー」と「はてなブログ」の違いがよく見いだせないのですが。ググってみたら、「はてなダイアリー」を作り直したのが「はてなブログ」という事らしい。

作り直しに至った動機はなんだろか? よくある、「コードが美しくない→機能拡張しづらい→スクラッチビルドだっ!」って考えでしょうかね?