zynga.com open ただしbeta

海外のソーシャルゲーム界隈で、多くのユーザーを抱えるzyngaが、自前のプラットフォームである zinga.com をオープンさせたっていう話

ジンガの独自プラットフォーム「Zynga.com」のβ版がオープン

[GameBussinessJp]
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=5597

zingaはいままでfacebookを中心にサービスを展開していたけど、独自に自分でプラットフォームを作るよっていう話は前からあったけども、結構作るの早かったなーという印象。

zingaのもつサービスは、FarmVille、CityVille、CastleVille等いわゆるビルディング系のソーシャルゲームが多い。この手のタイトルは実に類似品が多いのだが、そもそもzingaの名を知らしめたFarmVille自体が他のパクリゲーであるので、そのあたりはパクってなんぼというところなんだろう。実際にCEOはかつて、「金をかけて開発をするよりパクったほうが手っ取り早い」という趣旨の発言もしている。ソーシャルゲームの世界は、まったくどうなってんだか。

{Farm|City|Castle}Villeに共通するのは、何かをするたびに、行動力ポイントとでも言うか、エネルギーというか、そういうのを消費する。たとえば、木を切ったり、税金を回収したり、畑を世話するごとにだ。そのポイントを回復させる方法が、課金アイテムだったり、時間だったりする。

要するに、時間をかければ無料でも、なんとかなるが、さっさとやりたければ、お金を払ってねという設計なわけだ。

もうひとつ、ゲームを進める上で、隣人と接しなければならない。facebookでお友達と一緒にプレイしてねっていう事なんだが、これが非常にやっかい。zinga.comがまだないときは、フレンドはfacebookのフレンドと同義であるため、まわりに同じゲームをプレイする人がいないと世界が広がっていかないのだ。本当にこれが気にくわない。

ゲームぐらいひとりでさせろよ・・・と思うわけだ。

そもそも、ゲーム性は非常に低く、自分の作った街でも見てニヤニヤ眺めてね、お友達の街をみてうらやましがってね、っていう感じでこれはゲームなのか?と思うこともしばしばである。

ゲーム性を持たして、シングル向けに調整をしたものがあれば、私のツボに入ってくるのだが、そもそものビジネスモデルがソーシャル前提だからなぁー。

今一度思うのが、ソーシャルゲーム界隈に私の楽園はないということだ。