お部屋改造 その3

未だ部屋には引越し用段ボールが転がっている私です、ども。

以前ワイヤーシェルフを導入したという話を書きましたが、ちょっと失敗したかなーと思ってみたりします。というのも、ルミナスのワイヤーシェルフはいくつかの種類があるのですが、同じ25mmのポール用シェルフでも、いくつかのシリーズにわけられます。同じサイズなのに。。。

で、私が買ったのは耐荷重250kgと、頑丈なタイプなんですけど、これってばシェルフの網目が、縦方向になっていて、CDとかDVDとか立てるのが難しいんですね。

耐荷重125kgのやつだと、網目が横方向になっていて、CDとか置けるんです。

一般のご家庭には、耐荷重250kgは必要ないよなぁ・・・。ほんと。

で、本とゲームとCDとどうやって整理しようかと、日々悶々としていたのですが、結論としてはこれを買いました。

またルミナスのワイヤーシェルフです。

商品として7段と10段とあるのですが、何段必要か計算していなかったので、とりあえず10段のほうを注文してみました。幅は90cmのタイプを選びました。ベランダのドアがある方向の壁のサイズがだいたい90cmぐらいだったので。

奥行きは20cmぐらいで、本棚として使って下さいと言わんばかりの製品です。

高さは200cmあり、最上段のシェルフの上にも物は置けるので、天井ギリギリまで本を詰められます。

いやーこれ、いいんじゃないですか?突っ張り棒もついて、耐震性も高いですし。

というわけで、この製品が本日届いたわけです。さっそく組み立てて、棚の高さは何センチ必要なのかを考えつつ、設置して物を置いてみたところ・・・・。

gameshelf

半分以上、ゲームで埋まってしもうつ。。。しかも、昔のPCゲームのようなでかい箱のゲームは収納しきれてません。

おかげさまで、本の収納がおっついてないであります。

そういえば、前の家ではゲームは「物理的に積んで」たんだっけか。1mのタワーが数本あったものね・・・。(たまに崩壊してました。寝ている時に、顔に降ってきた事もありました。)

引越し以前、部屋に入りきらない本は、別の部屋の押入れに眠っていたのですが、私の知らないところで処分されていたようで・・・。気がついたら、本の数がかなり少なくなっていました。まぁー電子化してあるので、さほど痛くはないんですがね。

中段にCDを、下段のほうにとりあえず本を入れてみましたが、やっぱり収納が足りないのです。

こりゃ、このラックをもう1本買わないとだめだなぁー。。。