Man U香川の活躍で仕事が手に付かない件について

前回のエントリーに引き続き、サッカーの話題を書こうとしている私です、ども。

久々の先発にJSportsも感謝の念

事前の予想では、香川はレアル戦に出すために、ノリッジ戦を外れるんじゃないかなんて言われてましたが、実際には先発でしたね。まったくガム爺が何考えてるかよくわかりませんね。

ちょうど同じ時間に、サッカーの上手なブロガーこと吉田麻也が所属するサウサンプトンとQPRの試合があり、珍しく朴智星が出ているということで、そっちを見ようと思ってたんですが、香川が先発したということで、急遽ユナイデットとノリッジの試合に移動したんです。これが私にとって正解でしたね。

ユナイデットが珍しくパスサッカーをした件について

ユナイデットというよりは、EPL全体的に言えることですが、彼らのサッカーっていうのはどちらかと言えばパス主体ではなく、個人技主体でサイドからの攻撃に主軸を置くってのが一般的です。それが特徴の1つといえるんですが(もう1つの伝統的な戦術はキックアンドラッシュ)、それが見ていてつまらない糞サッカーを感じるわけなんですね。

もちろん、そういうサッカーがお好みという国民もいます。イギリス人がそうであるように。

ですが、現在のサッカー界で言えば、パスを繋いで相手を崩していくというスタイルが主流になってきているという印象が強いんだと思います。最たる例がスペインのバルセロナですね。tiki-takaと呼ばれるサッカーのプレースタイルの1つがもっとも先進的と言われいたりします。

実際に、代表的な使い手であるバルセロナやスペイン代表はそれで結果を残しているわけです。

バルセロナの選手を見ると、大型の選手は少なく、むしろ小柄な選手が多いんですね。(ま、あたりは強いんですけど)なので、世界的に見れば小柄な部類に入る日本人は、パスサッカーを目指していくべきという意見は昔からあるわけです。

その結果の1つとして、日本女子代表が挙げられるんじゃないですかね。女子W杯で優勝した時、彼女たちはバルセロナの選手のようだ、と評されたのが物語っています。

で、話は香川という選手になるわけですが、そのパスサッカーを志向してきた日本サッカー界から排出された、やはりパスサッカー向きの選手という事になるんですが、サイドアタックを主体とするユナイデットにフィット出来るかってのが、移籍直後の懸念でした。

シーズン前半、ユナイデットとしては香川をトライしていましたが、それまで香川がプレイしていたスタイルとは大きく異るわけで、更にはEPLのあたりの強さにフィットしきれずに、評価を落としていったわけですね。

更に言うと、ユナイデットの選手は足元へのボールを要求することが多く、オフザボールの動きで空いているスペースに走りこむような動きをする選手がいないというのも、香川がフィット出来なかった原因の1つと考えられます。

香川が出る試合では、パスサッカーを試行していたようにも見えますが、如何せんいままでそういうプレーをしていなかった選手たちなので、なかなかうまく行きません。とは言え、結果を残さないといけないチームですから、従来のサイドアタック主体の攻撃で結果を出しつつ、香川システムと言えるような4-2-3-1でのパスサッカーをトライしていくという感じだったんでしょうね。

ここ数試合、香川は試合に出ていませんでしたが、練習では引き続きトライしていたんだと思います。

ノリッジ戦では結果が出ましたが、ユナイデットとしてはオプションとしてのパスサッカーなのか、今後の主体にしていきたいのか、よくわかりませんね。ガム爺の事だし。今シーズンもまだまだあるので、今後をチェックですね。

ハットトリックを振り返ってみる

拾い物のGIFで。

1st_goal

1点目。普通の選手なら左足でガツンと行くところですが、香川は右足のアウトでニアを抜いてます。どうも海外では、これがミスキックだと思われているようで、あまり評価が高くありません。

2nd_goal

2点目は、キャリックの縦パスをルーニーが収めて、自分でも行けそうでしたが、中央に走り込んだ香川にパス。香川は相手DFとGKの動きを見て、逆に流し込む感じでゴール。

こちらは、なかなか評価が高いようで、ゴールまで恐ろしいまでに冷静だと評されてました。

3rd_goal

3点目は、実に香川らしいゴールと言えるかと思います。ドルトムント時代によく見ることが出来たパターンですね。

EPLの普通の選手なら、ダイレクトにシュートを狙っていくような場面。フェルナンド・トーレスなら、2タッチでGKまで交わして無人のゴールを外すような場面です。

3点目のようなゴールが多く見られるようになると、香川も成長したなと思えるんですけどね。