markdownとosxとwordpressと

大晦日23時30分より作業予定が詰まっている私です、ども。

今年の夏ぐらいに、愛用していたMac Book Proが壊れて、Mac Book Airを買い直したわけなんですが、そのことはblogには書いてませんでしたね、、、。

で、OSX環境下でblogを編集する事がこれまた少ないのですが、その主な理由が最適な環境が見つからないからなんですね。Windwos環境下であれば、Windows Live Writerでさくさくと書いて、さっくり公開出来るのでいいのですが、OSX環境だとこれっていうソフトがないんですよね。困ったもんです。

以前のMBP環境だと、MouというMarkdown記法に対応したテキストエディタでblogのエントリーの下書きをしようかなと思っては見たんですが、結局htmlで出力して、wordpressの管理画面に入って、また修正をしつつようやく公開という手続きを踏まないといけない、このめんどくささと言ったらもうちょっとなんとかならんのかと。

MarsEditという売り物はあるんですが、App Storeで4,000円とちと敷居が高い。

では最適なソリューションってなんだろう?と検討を始めたいと思います。

エディタと記法について

ダイレクトにwordpressにポストできるエディタがあれば楽なんですが、そうも言ってられないので、手元のテキストエディタでがつがつ書いていくというのがやはり現実的なのかなと。

かといって、htmlタグを書きまくるのもなんだかなーって事で、markdown記法で書いて、htmlに変換することを考えていこうかと。

markdown editorは、まぁー好きなのつかえって話になるんですけど、最近text editorとしてvimがお気に入りだったりします。vimで簡単なスクリプト書いたりしてるんですけど、特にvimを使いこなしているわけでもないんですけど、なんだかんだでお気に入りなんです。

markdown記法はプレビューしながら書かないと、生産性が上がりませんから、素のvimじゃちと困ります。ググればいくつもvim+プレビュー環境の構築っつーページが出てくるんですが、その環境作るのも面倒だなーという印象が収まりません。

やっぱMarsEditなのかなぁー。。。

なんだかんだいって、直接編集できるのはデカい。だからといって、MarsEditに4000円はちと高い。1000円ぐらいなら買ってもいいんだけどな。