Bloodborne 6日目

心折れそうな私です、ども。

Bloodborneの目標をトロコンにセットしてみたはいいけど、すでに心が折れそうです。上手な人?は50時間もあればトロコン出来るみたいですけど、基本的にゲームの難易度が高いので、かなりキツイです。

すでにプレイ時間は50時間を超えていますが、エンディング3種類のうち、真エンド?の達成条件がすでに不可になってしまっているので、もう1週しないといけません。悲しい。

ラスボス:最初の狩人 ゲールマン

おもいっくそネタバレですいません。最初に謝っておきます。

メルゴーの乳母を倒し、狩人の夢に戻ってくると、工房が燃えています。理由はよく知らん。で、人形ちゃんに話しかけると、ゲールマンのおっさんが大木の前で待っていると伝えてくるので、行ってみましょう。

なお、工房は燃えていますが、工房内の機能は問題なく使用できます。まだやり残したことがあっても大丈夫です。

ゲールマンに話しかけると選択肢が出て、「介錯に身を任せる」「任せない」とあり、「介錯に身を任せる」を選ぶと、エンディング「ヤーナムの夜明け」に突入。戦闘はなしです。

「任せない」を選ぶと、ゲールマンとの戦闘になります。

初見では、どういう攻撃なのかよくわからないまま死んでしまいましたが、2戦目では特に問題なく撃破。ごり押し気味でしたけど。

2週目の敵の強さに滅入る

さて、ゲールマンを倒してエンディングに到達。でも、まだつづくんじゃよ。

2週目の開始。目覚めた先の狼ですが、体力が半分になっているにもかかわらず、体力1000超えてるんですけど。。。?

外に出て、ヤーナム市街地の最初の敵を殴りつけると、やっぱ体力大杉。

最初のボスである、聖職者の獣は問題なく倒せましたが、ガスコインにあっさり殺され、真エンドは新キャラの1週目で取得しようと決意しました。辛いわ。

トロフィー:狩人の極意を目指す

内容としては、全ての武器を集めるという、よくあるやつですが、ラスボスを倒すことで購入可能になる鎌以外に、あと1つ足りません。

足りないのは、獣の鉤爪というやつで、これは聖杯ダンジョンで入手することになります。

発売から1週間ほど経って、情報もだいぶ出てきており、トロコンの情報としては十分な文量が出回っております。おかげで、どの聖杯ダンジョンのどこで獣の鉤爪が手に入るかがわかり、えらく助かります。

正解は、「病めるローラン」第二層、一番最初のエリア(灯りの手前)になります。すげーわかりづらかった。。。

奥まで進むと宝箱があり、その中に念願の「獣の鉤爪」があります。
えらく探し回ったわー。

残るトロフィーを考える

残るトロフィーは、「幼年期のはじまり」「トゥメルの女王、ヤーナム」の2つ。ともにゴールドトロフィーです。

どちらも大変なんですが、幼年期のはじまりのほうは、また1週しないといけないわけで、これはこれで大変です。初見ではないので、そこまで時間がかかるとは思いませんが、10時間〜ぐらいはかかるのかなと。

もうひとつの「トゥメルの女王、ヤーナム」に関してですが、聖杯ダンジョンを進めないといけません。なので、ひとまず聖杯ダンジョンを進める事から始めたいと思います。

トロフィー:トゥメルの女王、ヤーナムを目指す

聖杯ダンジョンのクリア順としては、以下のように紹介されています。

  1. トゥメルの聖杯
  2. 深きトゥメルの聖杯
  3. 冒涜の聖杯
  4. トゥメル=イルの聖杯

このうち深きトゥメルの聖杯まではクリアしましたが、冒涜の聖杯には入れていません。聖杯の儀式に必要な、素材が足りないのですよね。足りないのは、ローランの落とし子というアイテムで、これはローランの聖杯か、イズの聖杯でドロップするらしいのです。なので、現在は病んだローランの聖杯を攻略しています(獣の鉤爪を取得したところですね)

「ローランの落とし子」は、「病めるローランの聖杯」の3F宝箱から出てきました。

なお、「病めるローランの聖杯」3Fのボス「恐ろしい獣」が強すぎて、私には倒せないもよう。

次は、冒涜の聖杯の攻略になります。

冒涜の聖杯攻略

どうもこの冒涜の聖杯は、体力が常時半分になる仕様のようで、めちゃくちゃ辛いんですが。

1層目のボス:旧主の番人

狩人タイプで、炎攻撃をしてきますね。

基本的には銃パリーで内蔵攻撃していく感じになるかなと。ダメージを与えていくと、剣にエンチャントを行いますが、銃2発でモーションを解除出来るようです。

突っ込んできたときに、銃パリーがとりやすい。

なんだけど、すげー難しい。どうすれば、突っ込みを誘発出来るのか、よくわからず。

うーん、本編の真エンドを先にとりにいったほうがいいかな・・・。