AirMac Time Capsuleを導入してみた

日に日に、Apple製品が増えてる我が家の私です、ども。

というわけで、今日はAirMac Time Capsuleを導入したという話です。

既存環境のおさらい

簡単に図にしてみました。

既存ネットワーク

凡例書くのを忘れましたが、青いのがルーターの類、紫がスイッチ、橙の丸がそれぞれに繋がる端末です。

ルーターが3つありますが、ネットワークは2つだけです。と言っても、ホームゲートウェイに入ってくるパケットは全部、後のEdge Router Liteに流してますので、実質的にはネットワークは1つと同等です。また、Atermもブリッジモードで動作させているので、それぞれの端末は同一ネットワークに所属しています。

以外?に思われるかもしれませんが、我が家にはLinuxサーバは存在しません。今後増えるかもしれませんが、ファイルサーバはWindows 2008 Serverですし、他はWindows 7が3台常時稼働です。全くなんでしょうね、この環境は。

導入の経緯

まぁ、経緯ってほどのことでもないんですけど、お仕事で(も)使うMac Book Airのバックアップをちゃんと取りましょうって事なんですが、今までバックアップをとってなかったんですね。

つーのも、大事なデータ類は全てクラウド環境下なもんですから、仮に吹っ飛んでもダメージ大きくないってのが主な理由なんですが。

理由の1つがバックアップ。もう一つの理由が、wifiのアップグレードですね。

図にあるとおり、NEC Aterm WR9500nは802.11nの製品なんですが、手元のMac Book Airは802.11ac対応のwifiを持っています。

大きなデータをやりとりする事ってあまりないんですが、速いに超したことはありません。

OSXのバックアップはTime Machineで

いろんなサイトに書かれてるため、ここでTime Machineの説明してもしかたないと思いますので、説明は省きます。

Time Machineが優れているのは、HDDが許す限りスナップショットをとってくれて、もしMacが吹っ飛んでしまっても、Time Machineからリカバリが出来るという優れものなんですね。一度も試したことありませんけど。

このTime Machineの機能を使うには、

  • HFS+でフォーマットされたHDDをUSBやthunderbolt(現行のMac BookだとUSB 3.1かな)で接続する方法
  • Time Machine対応のNASを使う方法
  • Apple謹製のAirMac Time Capsuleを使う方法

以上の3通りがあります。

まず、USBやらthunderboltで外付けHDDを接続する方法ですが、まずやりたくありません。確かに私はwired至上主義ではあるんですが、MacBook Airを使うときは、大抵ベッドの上で横になりながら使っています。そこに外付けHDDをつなぐとなると邪魔くさくてかないません。と言うわけでこれは却下です。Mac MiniとかMac Proならそれでいいんですけどね。

2つめのTime Machine対応のNASを使う方法ですが、最近はTime Machine対応を謳うNAS製品が増えてきました。ただ、そのためだけにNASの入れ物とHDDを購入するのは少々躊躇してしまいます。

また、なかなか接続してくれないとか、OSアップデートすると繋がらなくなるとか、そういった問題がよく発生しているようで、二の足をふんでしまいます。

で、最後の選択肢がAirMac time Capsuleです。

このAirMac Time Capsuleって、ルーター兼NASなんですよね。

ルーターとして見ると、性能の割には高い。
NASとしてみると、性能の割には高い。

ということなんですが、両方合わせて考えると、そこまで高くないかなと思った次第。

802.11ac対応のAterm製品で、¥12,000ぐらいですかね。
2TBのNASがだいたい¥20,000と考えると、合わせて¥32,000ってところでしょうか。

AirMac Time Capsuleは2TBのモデルと3TBのモデルがありますが、私は2TBのモデルを選んでみました。ファイル共有としてのNASは別途ありますんで、純粋にTime Machine用にしか使わないはずだからです。

導入はいたって簡単

さてAirMac Time Capsuleの導入は、既存のAterm WR9500nをリプレイスする感じになります。AirMac Time Capsuleはルーター機能がありますが、これをブリッジモードに切り替える事が可能なので、Aterm WR9500nと同様にブリッジで動作させることにします。

ただし、ブリッジで動作するにしても、IPアドレスは必要になるので、DHCPで取得する設定にしてみました。staticなIPアドレスふってもいいんですけどね。

設定はMacからでもiPhoneからでも出来るのですが、普通はMacからやりますよね。

設定はおもいっきり簡単なので、説明はしません。わかんねーって人はもうすこしググりましょう。いっぱい説明が見つかります。

ただ、802.11acで接続するには、ちょっと追加で設定をしないといけません。それもググればすぐに見つかります。

というわけで、802.11acで接続したの図

AirMac802 11ac

なお、ちょうど接続設定をしていたとき、我が家のネットワークが不調だったようで、インターネットの下りが非常に遅い状態だったらしく、AirMac糞じゃんとか思ってましたが、Hauweiのhome gatewayを再起動したら直りました。

接続の安定性とか、Time Machineの実際とかはもうすこし使ってみないとわからないので、今日はこのへんで。